スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

頑張れ日本!+ 誕生会

【北米総局】東日本大震災を受け、米紙ウォールストリート・ジャーナル(電子版)は12日、「不屈の日本」と題する社説を掲載した。社説は地震大国日本の技術力と「備え」をたたえ、「日本は経済が低迷し、政治家の失態に国民の大部分は当惑しているが間違ってはいけない。日本の産業力は依然として偉大だ」と述べた。


また米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)は11日、阪神大震災当時に東京支局長だったニコラス・クリストフ氏の「日本へのお悔やみ、そして称賛」と題するコラムを掲載、日本人の精神力の強さをたたえ、復興に向けてエールを送った。
 クリストフ氏は、阪神大震災時の取材で、崩壊した商店街で略奪がほとんどなかったことや、支援物資の奪い合いが生じなかった事例を紹介。「我慢」という日本語を引き合いに「日本人の忍耐力や冷静さ、秩序は実に高潔だった」と説明し、「今後、それらが示されるだろう」と期待を寄せた。

地震多発国で東日本大震災への関心が高い中国では12日、非常事態にもかかわらず日本人は「冷静で礼儀正しい」と絶賛する声がインターネットの書き込みなどに相次いでいる。短文投稿サイト「ツイッター」の中国版「微博」では、ビルの中で足止めされた通勤客が階段で、通行の妨げにならないよう両脇に座り、中央に通路を確保している写真が11日夜、投稿された。

 「(こうしたマナーの良さは)教育の結果。(日中の順位が逆転した)国内総生産(GDP)の規模だけで得られるものではない」との説明が付いた。
 この「つぶやき」は7万回以上も転載。「中国は50年後でも実現できない」「とても感動的」「われわれも学ぶべきだ」との反響の声があふれた。大震災を1面で報じた12日付の中国紙、環球時報も「日本人の冷静さに世界が感心」との見出しで報じた。(共同)

天井や壁が完全に崩れ落ちるような災害の中でも、すべての規律が保たれていた-。インド紙ビジネスラインは13日付で、日本への出張中に被災したインド人技術者が日本人の冷静な対応を称賛する声を紹介した。

 インドの部品メーカーの技術者らは栃木県内にあるホンダの研究開発施設を訪問中に被災。「素晴らしい緊急時の態勢ができていた。すべてが精密時計のような動きだった」。揺れが収まると社員らは集合場所に素早くそろい、あらかじめ決められた各自の役割をきびきびとこなしたという。
 施設から市内に出ても大きな混乱はなかったといい、「冷静さが保たれており、通信状況も含めてすべてが秩序だって行われていた」と評価した。(共同)




世界が注目している中、日本人のみなさん、頑張っています!
元気がなかった日本に元気を喪失させる災害が起こり、今後どうなるのか?
っと不安でしたが、まだまだ本当の芯の強さを残している日本人。

どうかどうか、今後も落ち着いて、効率のよい対応で乗り切って下さい。

*****     *****     *****     *****

わたくしごとですが、昨日の13日はモニの5歳の誕生日でした。
区切りの5歳だし誕生日当日が日曜日だし、ということで、当然日曜日に誕生会を、
っとYMCAを借りて盛大にパーティーを、っと計画していました。
が、一年に一度のジャパンデーと重なり、来られないお友達も多数
(日本人幼稚園等に通われてるお子さんたちはお遊戯会があるため)。

間が悪かったな~っと思ってる矢先に今回の地震。

みなさん、祖国のとてつもないニュースに気分が落ちておられるところで、
わたくしごとのお祝い事に招待なんて、非常識?と思ったりで、
いろんな落ちる要因がありましたが、来ていただける方々は幸いにも
関東以西の出身の方が多かったのでご家族は大丈夫なようでした
(連絡の取れないお知り合いとかはまだまだおられます。わたくしも。)
ので、パーティーをやらせていただくことにしました。

bdp-2

BDP-1

bdp-3

BDP-10

bdp-5


bdp-5

bdp-7


子供たちの笑顔に触れて、一時でも癒されました。

忙しい中・気分が落ちている中来てくださったみなさん、
本当に本当にありがとうございましたっ!



中国からの日本への賛辞も上に添付しましたが、誕生会に、エリ親子、来てくれました。
ギリギリね。
話すと長いんで要点だけだけど、前日、旦那がモニとエリをプールに連れて行ってくれたの。
そしてエリをドロップに行ったときに(ピックのときは昼寝してたらしい(汗))の会話。
「モニの誕生会、いつだっけ?来月?来週?」

数週間前、招待状を送ったんだけど返事がなかったからメールをしたら、
「招待状届いた!いつだっけ?」
って返事が来たの。招待状もらってていつかわかんないってどういうことだろうね(苦笑)?
っと思ったけど、エリママのことだからこれぐらいは想定内。

メールで再度日時をお知らせして、ずいぶん経ってから、「行きます」って返事もらってたんだ。
でーもー結局忘れてたんだって。コレは、想定外だったな(笑)。


そして当日、最初の一時間はYMCAのジムで遊んでもらって後の一時間をモーンングティー
っていう誕生会だったんだけど、一時間近く遅れてジムの時間終わりそうなところ、で登場。

ま、とりあえず来てくれた。ありがたい。

んで、モーニングティータイム。


モニ、主役じゃん?


とりあえず真ん中あたりの席に座らせたんだけど、エリママが強引にモニを
端っこのテーブルに座ってるエリの隣に移動させたらしい!!!

お友達がビックリして報告に来てくれたっ!


モニのお友達はエリだけじゃないのにね。。。
モニもフルーツケバブ食べながら「何ごと?」って顔で移動させられてた。


まぁまぁ、そこまでは許すとしても、パーティーが無事終わって、
小さいながらもパーティーバッグ(お土産)を帰られるお友達に渡してたんだけど、
まだ帰らないエリ、見たら欲しくなって何度も催促に来るんだって(旦那が配ってた)。
さすがに旦那もイラっと来たとかで、
「帰るときに、ママと一緒にいるときに渡すから。」っと。

結局まだ帰らないけど、「ママと一緒ならいいんだ」っと思ったみたいで、
ママを引き連れて自分の分と妹の分をもらいに来たエリ。

親見てるし、早目だけどっと渡したのさ。



そして会は無事終了。後片付けをし、全ての荷物を施設の外に移動してたの。
後で車移動してきて載せようと思って。


そこで、エリママ、外に出した箱の中にあった、念のために余分に作っておいた
パーティーバッグを勝手にとって、
「はい、エリ」
って渡してるの!!

そしてそんな親の姿を見たエリ、最後のもう一袋を取ろうとしてるの!

さすがにソレは今日熱が出て来れなかったお友達の分で、袋に名前も書いてあったので

「エリっ!それはエリのじゃないよ!」

って言って止めたんだ。そしたら戻したけど、すぐ後ろに私がいて見てた、
ってのわかっても、何も言わない親!!

「ごめ~ん、コレもらってもいい?」

って普通聞かない?コレって泥棒じゃないの?
親が子供に「ソコにあるものは勝手に取っていいんだよ」って教えてるよね?

恐ろしくなった瞬間でした。同じ学校で同じクラスになるし・・・。本当に嫌だな。


落ちてる中、なんとか無事に誕生会が終わって、みんなにも楽しんでもらえて
(?もらえましたでしょうか?)安堵してた最後にこんなシーンを見せられて、
本当に本当に本当に~~~~縁を切りたいっ!っと思ってしまったのでした。


「エリママ親子に会いたい!」っと言っていた私のお友達のみなさん、
昨日の誕生会でお会いできた方々、たったの一時間でしたけどわかりました???
んん~一時間じゃ難しいよね(苦笑)?

オークランドは大丈夫です

昨日のお昼、クライストチャーチで起きた地震、大変なことになってます。

が、私の住む北島のオークランドは4時間後に日本の母から
「大丈夫?」って電話が来るまで気がつかなかったぐらいでした。

心配してメールくれた日本のみなさん、ありがとう。
オークランドは大丈夫です。



でも、チャーチは大変なことになってるみたいです。
去年9月にも起きた地震でダメージを受けていた建造物が
大きく被害受けてるみたいです。日本みたいに地震対応に作られてないしね。


まだまだ生き埋めになってる方々も多いみたいで、テレビもずっと地震番組やってます。


阪神大震災の時のことを思い出しますね。
会社でずっとテレビ付けて見てましたね。
死者の数がどんどん増えて行って・・・


旦那は地震に慣れてないから楽観視してて私が「数、増えるよ」って言っても
「NZはそんな人口いない」とか言ってるんだけど、不明の日本人も多いみたいですね。


オークランドは昨晩は寒くなかったけど、チャーチは夜は寒かったみたいですね。
みんな避難所でジャケット着てた。

雨が降るみたいなんで、2次火災には助けの神になるかも。


早く救助されますように。。。。。



とりあえず、オークランドの私たちは大丈夫です。

日本のお友達・家族、心配してくれてありがとね!

*追加*
メールくれた方々に返信してますが、届かないメールもあるみたいです。
地震の影響のようです。

金持ち家族の一年

あと一週間でモニのキンディーのホリデーも終了
でも、朝、バタバタとキンディーの準備をする必要がないのも
また楽でよかったりもしたんだけど。

*****     *****     *****     *****

クスっと笑ってしまったこと。

先日、庭にいるときモニ子が
「どうしてあの鳥さんはモニカのお家のお庭に来たの?」
って聞くもんで、
「モニ子がかわいいからじゃない?」
って言ったら、
「・・・かわいいけど、イジワルだよ。」
だって。


トビ。
歩きながら自分で歯磨きをしていて、どこかに歯ブラシを置いて来てしまったトビ。
「終わったらちゃんと持って来て!失くすでしょう?探して来なさい!」
って言ったら、ちゃんと隣の部屋まで行って探して持って来ました。

だいぶ言ってることがわかってきて、かわいい盛り。
しかもそういうシチュエーションは

褒められる→どや顔をする

コレ、この年齢の特徴の気がする。
『どや顔』ってよく言ったよね~?誰が使い始めたんだろう?

注:《「どや」は「どうだ」の意の関西方言》 得意顔 のこと。
 自らの功を誇り「どうだ」と自慢している顔。だって。


*****     *****     *****     *****


さて、やっとこの週末にシドニーの義兄ファミリーからのクリスマスプレゼントが届きました。
12月24日に間に合うようにロトルアに送ったそうなんですが、
住所を間違って書いてしまったそうで、お隣の家に届いていたそうです。

その後いろいろあっち行ったりこっち行ったりで、やっと我が家に届きました。


シドニーファミリーはリッチなファミリーで、しかも奥さん(義理の姉)の趣味はショッピング。
しかもケチじゃない(旦那の稼いだお金だからね~)。
値段を見ないでなんでも買っちゃうので、プレゼントとかも毎年素敵なものが届きます。

今年も、「うちらからは最低限の物しかあげれないのに申し訳ない~」
って数のかわいい物を沢山頂きました(主にモニとトビ)。
シドニーはIKEAがあるからいいよね~。ショッピングも楽しいだろうなぁ♪


さて、そのプレゼントの一つに大きなフォトアルバムが入ってました。
しかも半分には既にむこうさんファミリーの去年一年の様子の写真が入ってました。

こっちの人って、何をしたか、どこに行ったか、とかファミリー間・お友達間で
話し合うのがとっても重要なことなんですよね。

「How was your weekend?」

とかって、月曜日には必ず聞かれる、みたいな。
貧乏人の我が家はたいしたことできないから聞かれるとすんごい困るんだよね。
みんなはバッチ(別荘)とかキャンプとかガンガン行ってるからさ~。


ほんで、そのシドニーファミリーだけど・・・。


去年は国内ではメルボルンとフレーザーアイランドに、そして海外はバリに家族旅行に
行ったそうな。

そして習い事も沢山していて(楽器や日本語なんかも)、中でも11歳の男の子は
もうすでにトライアスロンをしているそうで、高そうなスポーツギアを着て
高そうなバイクに乗った写真がありました。

10歳の女の子はチアリーディングを習ってるようで、刺繍で名前の入ったユニフォームを
着てバック転?だかしてる写真がありました。

兄夫婦はスポーツマニアなので子供たちにもいろいろ機会を与えているみたい。
オーストラリアは特にスポーツ大国だからいろいろチョイスもあるんだろうね~。
こうやって小さい頃からいろんなものを見て聞いて体験して、そこから才能を発掘して
そういうのがオリンピック選手、とかに繋がるんだろうね~。
もし才能や能力あってもお金がないと習い事もさせてあげれない、ほんと、
うちの子たちがかわいそうだわ



Cad-1

11歳。日本だと小学5年生かぁ。
だんだん体が逆三角形になって来てるね~。
両親が身長194cm&180cmだから長身になるのは確実だろうね。

shel-1

あいにくど真ん中ではなくて右端だったけど・・・

shel-3

顔は飛びぬけてかわいかった!!いちおう叔母なのでひいき目??

shel6


これは何?トランペット?

shel5

そして妹は、、、フルート?でしたか?
あちゃー、楽器名がわからんわ!!

shel7

バリでは仮装もしたそうな。
お友達家族と行ったのかしらね?
きっとお友達ファミリーもリッチなんだろうなぁ~。わてとは話、合わなさそ(笑)。


さ、こういうの見て、行った気分で寝よっと。


今年も頑張ろう!

バッタバタしてる間に、新年ももう5日過ぎてしまいました。

『あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします!』



一昨年ぐらいまでは、旧友の方々にもクリスマスカードで年末年始のご挨拶を
マメにしていたのですが、去年からは頂いた方のみにお返事する、っていう、
とってもレイジーな人間になってしまいました。
ので、ここでご挨拶させていだだきますすんまへん。



*****     *****     *****     *****


今朝ほどから2泊で、旦那とモニだけがキャンプに旅発ちました。

「お前とは何一つ趣味が合わない。スポーツもしないしアウトドアもしない。」



って旦那からは散々文句言われてるんだけど、子供たちも楽しむし、
キャンプぐらいはっとなるべく参加してるんだけど、
さすがにまだまだトビは夜中に大きな声で泣くんで、
近所迷惑が気になって楽しめるものも楽しめないな~っと、
今年も私とトビは留守番です。


ってか、私てきには自由時間が増えてラッキー♪コレも目的であるんだけどね。



気兼ねしないでドラマでも観てしまおうか?
それともうるさい奴らがいない間に片付けてしまいたかった仕事とか掃除をしようか?




いやいやいや、絶対楽しむべきだよね?
うんうん、絶対。


グータラして食事も手抜きしてそして夜は飲んでドラマ、だな。



さ、ワインでも買出しに行こうかな



ケタケタ笑ってます。
笛を鳴らしてるんだけど、音が鳴らないとき自分の声でごまかしてて、
そんな自分がおかしいらしい。




モニ、作詞作曲。
日本語が支離滅裂ですが、結構笑えます。自分で撮影してました。


さ、こういうのでも見て、元気出して行こうっと。



いよいよ帰ります

いよいよ明日、成田に向け移動します。

山形から成田までがまず、第一関門(小さい子二人連れ)。
結局今回は父が車で送ってくれることになり、そして大きなワゴン車を
レンタルすることになったら、どうせなら母も、、、っということになり、
両親と私たち3人で明日の朝、発つことになりました。

途中、子供たちが飽きて暴れないように休憩しながらゆっくり
行ったとしても夕方には着くでしょう。

そして一泊し、次の日はホテル近辺で観光したり、千葉の館山の親戚が
会いに来てくれるかも、なんてこともあり、夕方まで時間をつぶし、
そして夕方6時15分の便で発ちます。

機内、11時間。



でも夜便なので、二人ともちょこっとは寝てくれるでしょう(祈る)。




そして機内で迎える「Day Light Savingスタート」(夏時間開始)。



到着、8時15分って予約表には書いてあったけど、不安になって再確認の電話をしたら、
やっぱり9時15分だって。

気がついてよかった、よかった。



去年のちょうど今ごろ廃車になって700ドルで買った超オンボロの旦那の車、
また壊れたので(ま、ある意味、700ドルで一年持ったら儲けもの?)
また安いのを買ったようで、私たちをピックした直後に引き取りに行くようです。


「しばらく車なしの生活????(私の車を使っていたようなので)」




っと、凹んでいたけどなんとかなったようでよかった。




では、日本のみなさん、2ヵ月半、お世話になりました!
来年は大きな同窓会があるそうで、同級生に街角で会うたびに誘われていましたが、
去年、今年と長期日本滞在したので来年は無理だと思います(涙)。
しばらくお会いできませんが、みなさん、お元気で!
そしてまた帰って来たら一緒に飲もうねぇ~♪


NZのみなさん、いよいよ帰ります。
まだ少々寒いようですが、スクールホリデーが始まるようですし、
また近いうちにキャッチアップできたらな、っと思います。
またよろしくねぇ~♪
FC2カウンター
いくつになったの

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

モニやん

Author:モニやん
40代中盤の旦那
40代突入のモニやん

不妊治療の末、2006年3月13日に第一子の女の子(モニ子)、
2009年8月18日に第二子の男の子(トビ)を授かりました。

子育て日記+NZのことなんかをちょこちょこ書いています。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。