スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出たぁ~!

昨晩21時頃から始った陣痛だけど、夜中の12時まではそんなに痛くはなかったし間隔も20分置きぐらいだった。
でも、12時を回ったとたん、激痛になり、間隔が10分もない!出血もドロドロ出て来るので持って来た夜用のナプキンを付けてみるが替えても替えてもドロドロ出て来る。

1時15分。間隔が7分置きになる。旦那に帰ってもらっちゃったし、夜中で看護婦も少ないし、暗い部屋で一人唸っているとさらに心細くなって、痛みがより一層強く感じるようになる。さっき看護婦さんが言ってた痛み止めの薬をもらって飲んでみる。

3時半。旦那に来てもらおうかずっと迷ってるけど、せめて5時まで待とうと決心する。でも間隔がもう5分置きになっている。看護婦にJeniに連絡してもらうようにお願いすると、お風呂に入るように薦められたとのこと。妊婦用(出産用?)のお風呂がある所まで連れて行かれ、自分でお湯をはり、自分でまたいで(もちろん?)入った知らなかったぁ・・・水中ってこんなに楽だったんだぁ~。だから水中出産っていいのか、なんて思いながら一人お湯につかること40分。

5時20分。間隔が3分置きになる。もう旦那を起して来てもらってもいいだろう、ってか、もうこれで生まれてしまったら、大事な瞬間を彼は逃してしまう、と思って、看護婦さんに頼んで旦那に電話してもらう。

6時半。旦那が来た。最初の私の一言。「エピデュラル(無痛分娩のお薬)入れてぇ~!」
丁度いいタイミングで昨晩から面倒見てくれてた看護婦さんが来る。子宮口がどれぐらい開いているか調べるとのこと。指を入れられる。

あ~~~~これがMちゃんが言ってたやつだぁ~~!
これまでの激痛の陣痛なんて目じゃない激激激激激激激激ぃ~~痛で、なりふり構わず叫んでいた。涙が自然にボロボロ出る。恥とか言ってる場合じゃない。とにかく痛かった。

こんなに痛いんだもんもう子宮口は8センチぐらい開いてるんだろうなぁ・・・と期待したら・・・

たったの、ほんのたったの2~3cm。耳を疑ったね、マジで。

7時半。やっとJeniが来てくれた。手術着着てて化粧がボロボロにはがれている。お疲れの模様。どうやら彼女は別の妊婦さんの出産に昨晩から立ち会っていて、ほんの2時間前に取り上げたばかりとか。
Jeniの肩に寄りかかりながら歩いて病室から分娩室に移動する。結構な距離そしてすぐに麻酔師のお兄さんがやってきて、一応お決まりの麻酔の説明を始め、エピデゥラル開始。背骨に針を刺してソレに管を通しその管は背中を回って肩に乗せられた。ソコから注射器のようなものに入った液体の麻酔を入れるようだ。ツツツーっと冷たい感じが背骨から入り数分後、何にも痛みを感じなくなった。凄すぎる

8時過ぎ、Jeniは非番になるらしく、パートナーを組んでいるMarieに交代になる。私のミッドワイフ(ドミノ)はどうやらパートナー制を組んでいて、彼女が非番の時はパートナーがオンって感じになるらしく、そのMarieにも今までに2度ほど今後のために、と挨拶をしていて顔を会わせていた。Jeniが帰る前に人口破水をして行ってくれた。エピが効いて来ているので何にも感じない。長い棒状のものを差されても何も感じなくケロリとしている私を見て旦那は、”強い麻酔なんだなぁ”って感心してた。

10時。なかなか陣痛の間隔が進まない。エピを入れると陣痛が弱くなって長引くらしく、点滴の促進剤と水分補給の点滴を入れられる。エピが始ったら一切物を食べてはいけない。口から入れていいのは水だけ。腕には点滴入ってるし、お腹には赤ちゃんの心音と陣痛を見るモニターが付けっぱなしなのでトイレに行ってもダメである。なので、尿道に管を入れられ勝手に尿が出て来るようにする。子宮口を見てもらうとまだまだ4~5cm。先が長いなぁ~。

13時。陣痛が始ってもう16時間が経つ。いくらなんでもそろそろいいんじゃない?ってことで、もう一度子宮口を見てもらうと、今度はなんと!9cmになっている!この分だとアフタヌーンティータイム(午後3時)ぐらいまでには産まれるんじゃない?とMarieが言う。旦那が色めき始め、今のうちにお昼を食べて来る、と、昨日家から持って来ていてまだ食べてなかったサンドイッチを取りに行って食べる。

14時。もう頭が見えているらしい!右足をMarie、左足を旦那に持ってもらってプッシュ(いきみ)開始!本当は旦那は立会いを嫌がっていた。でも”NZで夫が出産に立ち会わないのは今時おかしいんだって!瞬間を見ろとは言わないけど、せめて私の頭の方に立っていて欲しい”と無理やり立会いをお願いしたんだけど、結局見る羽目になってしまった、可哀相な旦那。Marieに、
「ほら、すぐそこに真っ黒な髪の毛の頭が見えるでしょう?」
とか言われて見せられている。見たくなかっただろうに・・・。
そしてひたすらプッシュの攻撃である。一度、二度、三度・・・。
しかし、で、出ない・・・。

Marieに「吸引してもいいのよ?どうする?」と聞かれたけど、今までずっと何かに頼って来たから、最後ぐらいは自力で出したいと思って断った。もう2時間プッシュしている。

16時30分。もう一度Marieに吸引のことを言われる。私もいよいよ体力が限界に近づいてきた。それと赤ちゃんへの負担も心配になってきた。もう2時間半もプッシュしてるんだもん。最後もダメだったか・・・と悲しくなりながら吸引をお願いします、と言う。とたん、5人の医者とミッドワイフが流れるように入って来た。ものすごいスピードでセッティングされた。20代半ばと思われる若いインド系の女の先生がどうやら取り上げるらしい。またしても一応の説明が始る。もうなんでもいいからとっとと始めてくれっ。
そして吸引が始った。モニターを見て陣痛の山が来ると”今いきんで!”と言われる。いきむが一度目は失敗した。そして2度目。いきんだとたん、ツルリとした間隔があったが何がおこったのかはわからず、目をつぶりっぱなし一人引き続きいきんでいた。遠くで泣き声が聞こえた。
”アレ?もう出たの?うそ?こんなに簡単だったらもっと早くから吸引お願いしておけばよかった。”
そして
”これならもう一人産める
これが最初の感想だった。

しばらくしてやっと私の胸の上に赤ちゃんがやって来た。よく出てすぐママのお腹の上に・・・って聞くけど(NZでは)、私の場合は、ちょっとブランクがあった。でも私も呆然としてたので、このブランクに何があったのか覚えていない??そんなのはどうでもいいや。感動の初対面だものっ!!

16時51分。3625g53cmの女の子だ。

あ!肌が灰色だっ!
え?目が腫れぼったい!
うわっ!どがった舌をトカゲみたいに出したり入れたりしてる!

Marieにオッパイを吸わせるように言われるけど、どうやってやったらいいかわかんなくってシドロモドロしてしまう。隣で抜け殻のようになって座っている旦那に、
”何やってるの!写真でしょう!”
と怒るが、どうやら貧血状態で真っ青になっているとりあえず重要な写真だけを数枚撮ってもらうが、旦那はMarieに”気分悪そうだから外に出ていた方がいいわ”と言われ、フラフラと出て行った。ははぁ~ん、やっぱり男は血に弱いなぁ床にドバドバーッとこぼれた血、ドロンと出た胎盤を見て気分が悪くなったらしい。

インド人の先生が会陰切開した所を縫合してくれている。6針だそうなので裂けが大きかったらしい。まだエピデゥラルが効いているのと、産後しばらくはハイになるらしく、ひたすら喋り捲っている私。24時間何にも口にしていなくてお腹が減っていたので、持って来てくれたトースト4枚をペロリと平らげてもまだ食べられそうだった。

18時30分。縫合に時間がかかったらしく、一時間半後にやっとシャワーを浴びるように言われる(早いと30分後とからしい!)。まだエピが効いてるみたいで、痛いところはどこもない。ペラペラしゃべりながら、看護婦さんの手を借りてシャワーを浴びる。あ~気持ちよかった

しかし、このシャワーを浴びた直後からいつもの症状が始った。私は今まで2度ほど全身麻酔で手術をしたことがあるが、いつも麻酔切れの時に体中がブルブル震えて寒くなって気分が悪くなる。エピの際もこんな症状が出るとは聞いていたので驚かなかったが、急に立ってもいられなくなって車椅子を持って来てもらった。

立ち会った医者は病院入院した方が?と言っていたが、ミッドワイフがバースケアに移動できるとお墨付きをくれ、その後移動する。もう20時近かった。

面会時間が夜の20時までらしくて、バースケアに着くと同室の人に面会人が数人来ていた。でも気分が非常~~~~~に悪いお隣に面会人がいらしてるんだけど、そんなの気にしている場合じゃない。ウ~ウ~大声で唸ってしまった。看護婦には”あなたのお名前は?生年月日は?”と聞かれてしまう。麻酔切れの時にいつも聞かれる質問だ。でも、意識がおかしいんじゃなくって、気分が悪いんだよね。さっそくなんだかわからないけどもらった薬を飲んでみる。ちょっと落ち着いた。

赤ちゃんは私と同室のトレイシーのベッドの間のバシネットに入れられてスヤスヤ寝ている。ち、小さいなぁ

今日から始まりました。

スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
いくつになったの

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

モニやん

Author:モニやん
40代中盤の旦那
40代突入のモニやん

不妊治療の末、2006年3月13日に第一子の女の子(モニ子)、
2009年8月18日に第二子の男の子(トビ)を授かりました。

子育て日記+NZのことなんかをちょこちょこ書いています。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。