スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

決まった!

目に見える援助先、決まりました。


前のブログにも書いたんだけど、ご実家が流されてしまった、っていう友達。

仙台で派遣勤めをしているときの先輩。
通勤の地下鉄が一緒で、毎日同じ車両に合流して通勤してたっけ。

まだモニが生まれる前の2003年に帰国したときは、仙台市内の彼女のアパートに
泊めてもらったっけ。


一度結婚されたけど、離婚されて、お子さんはいなくて、ずっと一人暮らししてたんで、
ご実家が流されたかもっとメールをもらったとき、ご実家だけで、彼女のアパートは
大丈夫だったと、ずっと思っていたんだ。

地震から3週間が過ぎ、みんなだいぶ落ち着いてきたんだよね。
昨日、彼女から久しぶりにメールあって。

そしたら、ご実家を数年前に新築したときに、彼女のための離れを隣に建ててくれていて、
今はそこに住んでいたらしいの・・・・・。


だから、彼女の物も、洋服やら家具やら、思い出の写真やら、全て流されてしまったんだって。




今更ショックで。




そして、一緒に撮った写真、なかったかな~?っと今、探してるところ。

大の大人だったし、写真なんてわざわざ一緒に撮らなかったかも。
でも私が会社を辞めるとき、プリクラを一緒に撮った記憶がある!


どっかにあるハズ!!絶対探してやるっ!!!!!!!!


そして送ってあげよう!!!!!


今はご家族でアパート借りて住んでいるらしいけど、
来月にはお知り合いの空き家に一家揃って引越しできるらしい。

そしたら住所も落ち着くんで、彼女になにか必要な物、NZらしいもの、
を送ってあげよう。そう決めました。



「行ってきまぁ~す」

っと普通に家を出た3週間前の金曜日。
この津波で亡くされたおばぁちゃんの顔もその朝に見たことでしょう。


そして地震。


家も、おばぁちゃんも、思い出も、一瞬で失くした友達。


『洋服はまた買えばいいけど、写真は買えないからね…
でも、人生やり直す気分でまた頑張るから!』



っと言っている彼女と彼女の家族に、ささやかだけど、
私に買えるものを買って来月送ることにしました。


スポンサーサイト
コメント

No title

そのお友達が無事で良かったけど、おばあちゃんを亡くされてしまったんだね。。辛いね。。
新築のお家、彼女の離れまで、流されてしまったのに、「人生やり直す気分でまたがんばるから」と、言ったお友達は、すごいね。想像を絶するくらいの不安や悲しみがあるのに、、「がんばって下さい!!」って心から、応援したいね。
そして、写真見つかるといいね!
援助と写真(あったらいいね)が届いた時、彼女やご家族に、モニやんの気持ちがすごく伝わると思います!

No title

彼女はえらい。いつも前向きな彼女前にもまして
ポジティブな彼女がけな気です。
あたしに出来ること したいです。
写真あたしあるよ!コピーしてくる。

No title

お友達、えらいね~~

ほんとうにたくさんのものをなくして、ゼロからの出発だけど、実際、そんな大変な目にあって、そういうふうに前向きに思える人ってなかなかいないと思う

そんなふうに思って、これから生きていかれるなんてすばらしい人だね

モニやんの暖かい気持、すごく素敵な贈りものになると思う

No title

小包と一緒にモニちゃんの元気もいーーーーっぱい送ってあげて下さい!
私も前回石巻に行った時、おばと写真取らなかったんだ。。。でもね、絶対また会いに行くって約束したから、その時に沢山写真撮ってこようと思ってるよ。
モニちゃんも次回の里帰りの時は、そのお友達と再会して新しい思い出たくさん作ってね!

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
いくつになったの

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

モニやん

Author:モニやん
40代中盤の旦那
40代突入のモニやん

不妊治療の末、2006年3月13日に第一子の女の子(モニ子)、
2009年8月18日に第二子の男の子(トビ)を授かりました。

子育て日記+NZのことなんかをちょこちょこ書いています。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。