スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幼稚園での思い出

NZに戻って来てもう一週間が過ぎました。
未だにモニさんの英語力は戻らず、自分の父親とコミュニケーションを図るにも私の通訳が必要で、
「○○子さん(私のことを名前+さん付けで呼びます)、○○って言って。」
っと頼んで来ます(汗)。
1ヵ月もすればきっと今度は日本語を忘れてしまって「どうしよう?」っと思うんでしょうけど、
言葉が通じないからどうしても父の方に行かず私の方にばかり来てしまってちょっと負担が多い現在です。

それでも嫌がらずにいろんなところに出向いて行って、いろんな人とお話をしようとしているモニさん。
再来週からキンディーが再開しますが心配なさそうです。

私のホーム(日本の幼稚園)シックもだいぶ治まり、泣くことも少なくなりましたが、
「トモヒコ君がバスでこうやったの~」
「サララちゃんとアイちゃんとオバケダンスしたの~」
「カンタ君とアツヒコ君が喧嘩したの~」
な~んてお友達の名前を出して思い出話をされると、
楽しかった環境から引き離してしまったのね・・・
っと未だにまだ泣いてしまう母です

********

さてさて、ずっと記録しておきたいと思っていた幼稚園での様子です。
10月18日(日)の父兄参観に行って来ました。

まず教室に着くと全員揃うまで好きなことをして遊んでました。
そして先生からお片づけして、って言われるとキチンと片付けて、
そして、自分のバッグから連絡帳と出席ノートを自分で取り出し所定の箱に入れ、
園児服を自分のロッカーにしまいます。

この時点でもう私は感動~~~♪自由なことばかりしてるNZの幼稚園とは偉い違い!!

そして、出席確認。フルネームを呼んで呼ばれた人は手を挙げます。
「お休みのお友達は誰?」と先生が聞き、そしてどうして休みなのか先生が教えてあげます。

その後は歌を歌ったり本を読んだり体操したり。
年少さんのしかも早生まれ組みなので一番カジュアルな内容だと思うのですが、
でも本読み一つとっても、
「本読みです。こちらに集まって下さ~い。」
って感じでちゃんとみんなでいつもの決まった位置につき、
そして決まった本読み用の歌を歌います。

7533
「♪シ~シ~シ~静かに聞きましょう、手はお膝」とか歌ってました


そして、一つ一つ行動の間にはキチンとメリハリを付けていて、
おトイレまでも「ではトイレに行って来て下さ~い。」っと集団で行かせます。
しかも!!!

先生:「ズックはどこに脱ぎますか?」
生徒:「壁に付けて脱ぎます。」

っと答え、ちゃんと壁際に揃えて脱ぐんですよ。

12345


ほんで下半身全て脱ぎ、トイレに並ぶんです(洋式が一つしかなくて、最近の子は和式では
できないようでほとんどの子が並んでました)。

あ~~~もう私は感心しっぱなしですよ!!

ちなみに体操。
なんと!!今年の1月にオークランド在住のYさんが仙台から誘致した
「あきらちゃんとラーメンちゃん」のラーメン体操をやってました!
時々モニさんが口ずさんでいたので「もしかして?」っと思っていたのですが、
実際参観の日に踊ってる姿を見て、その偶然の縁に感激して動画を撮りつつも
歌いながら小さく踊ってしまった母でした。



参観の最後には父兄も参加してのフルーツバスケットをやったりしてくれて、
とても楽しい参観でした。


いや~~しかし、人一倍自由人で人に指図されるのなんか耐えられない子なんじゃないかと
心配していたんだけど、意外と集団行動が楽しかったようで、
本当に満喫して4ヶ月間一日も休まず遅刻もせず通ったモニさん。

最初は慣れない集団行動に戸惑ったり日本語がわからなかったりしたようですが、
最後は担任の先生に「モニカちゃんは仕切り屋なんです」って言われるぐらい
出シャバリに成長したようでした

日本語も本当に伸びこんな長文も言えるようになったり↓



食事の前にみんなでする挨拶のようです

担任の先生に最後に頂いた思い出のアルバムとお手紙です。

123456
ちなみに先生は日本に移住してきて10年の韓国の方です。
言葉にほ~~んの少々韓国訛りがありますが、字はこの通り!
園では主任さんなのかな?お偉いさんなんですよ!
(私も海外生活が10年過ぎましたがしゃべりもライティングもこの足元にも及びません。
恥ずかしい!)

1234566
「ず~っとおともだちだもんね」のタイトル見てまた泣きます
幼稚園の最後の日、送りのバスが去るとき、
まだ車内に残っていたお友達が声を合わせて
「モニカちゃんのこといつまでも忘れないからね。私たちのことも忘れないでね。」
っと言ってくれました。聞いていた私と母は泣き崩れました(笑)。



さらにちなみに。
この父兄参観、とっても感動したので先生に「自由なNZの幼稚園と全く違って感動した」
っと伝えたところ、韓国や中国では3歳児でもすでに一日お勉強だそうで、
遊びの時間なんてないそうです。
実際、一度お子さんを入園させた韓国や中国のママさんたちで
お勉強が足りないっと辞めさせて自宅で勉強させるご家庭や、
自分で託児所を開いてしまった方もいたそうです。

余談でしたが、とにかく充実した4ヶ月の幼稚園生活でした。
将来、時々思い出してくれるといいな♪




スポンサーサイト
コメント

いい経験できて本当に良かったね。
親子共々。韓国の先生凄いね、10年できれいな
日本語ばっちりじゃない!
モニちゃん、日本語も忘れないように
一生懸命お話してあげてね。
いやぁ、感動でした!

モニチャンの、長文の日本語に感動しちゃった!日本語上手に話せるようになったね。
食べ物を作ってくれた人達に感謝して食べる、っていう習慣、すごく大事だよね。

日本の幼稚園って、NZと違って厳しいけど、礼儀や集団行動とかも教えてくれるもんね。そして、韓国の先生の日本語すごい!10年で、日本人並みの文章が書けるようになるんだぁ。。感心。。。
クラスのお友達からのアルバムも、泣けるね。。
モニチャンにとっては、すごく貴重な経験だっただろうから、絶対忘れないと思うよ!

日本の幼稚園、素敵☆私も自分が幼稚園通っていた時の記憶すごく残ってるので、こうして少しでも体験させてあげれた事、モニちゃんの成長ぶりを聞いて、私も自分の子、通わせてあげたいなぁと思っちゃいました。

モニちゃんの長文、何を言っているか、というよりも、ハスキーボイスにやられちゃいました。w

幼稚園のアルバム、最後のバスのお友達の言葉、読んでて私も涙してしまいました。いつも元気なお母さんも娘孫達帰って寂しくしてるだろうなと思うとまた涙・・・また日本に帰って来た時は、またみんなで飲んでガールズ?トークで盛り上がろうね~

モニちゃん、すごーい!ちゃんと言えてるね~!
こうしてビデオで見ると、4ヵ月の間に随分成長したって分かるよ!
アルバムとお手紙は一生の宝物だね^^

上の上、の方、あの「よしもさん」ですか?

読んでるだけでも、じーんときたよ。
もうちょっとで泣きそうでした(笑
ほんとに幼稚園を満喫したのね。
モニちゃんもモニやんさんも、ほんとによかったね!
この経験をずっと覚えててくれるといいね。

★バチさん★ 今まで日本語とか日本の幼稚園とか人に比べほとんど意識したことがなかった分、すばらしさに感動したしだいです。先生の日本語、すごいよね~!

★ロバちん★ 覚えて来る挨拶言葉も、すごい丁寧な敬語だったりして、それもまた感心するんだよね!アロちゃんもかなり吸収してるんじゃない?

★ikkun★ 昨日はありがとね~!すごい嬉しかったよ~。モニさんってハスキーだよね。私も小さい頃、そんな感じだったよ。あ、今はだみ声だし(汗)。

★よしも★ そなんだよ~。感動の嵐だよ。是非是非よしもには今後の参考のためにそのアルバムを見せてあげたい!すごい工作技術なんだわ!今度写真撮って拡大しておくるね!ガールズトーク、20数年前まで遡って盛り上がろうね~。禁断の成人式のDVD、NZに上陸したよ(爆)。

★pinkちん★ モニさんはとくに日本語をあんまり話せなかったから、こんなに話せるようになって感動してますぅ。忘れる前に是非お会いしてウィットネスになって欲しいわ。「あの頃はしゃべれたのよ」ってさ(笑)。

★すが★ そだよ~~。あのよしもだよ~~。

★くまぷーはん★ え~、「泣きそう」じゃなくてちゃんと「泣いて下さい」(笑)!私の一番小さい時の記憶が3歳の時なのできっとモニカも今回の日本でのことは記憶に残ってくれるんじゃないかなぁ?っと期待してるべよぉ。

モニちゃん、日本語上手~~~。そして、長い!!
モニカちゃんのこといつまでも忘れないからね。私たちのことも忘れないでね。」
マジで~~。私まで涙が。。。
子供って凄い。。。
モニちゃん、た ̄~くさん楽しい思い出できたんだろうね。

★junちゃん★ どうやら送迎バス内でのあの感動のお言葉は先生たちから言われてしたものではないらしく、とってもリーダーシップのある年長さんの子が指揮をとってやってくれたらしくて、それを聞いてまた感動して泣きました。。。いつまでこの幼稚園で覚えてきたセリフを覚えていられるのか?忘れてしまった時にまた泣きそうです(笑)。

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
いくつになったの

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

モニやん

Author:モニやん
40代中盤の旦那
40代突入のモニやん

不妊治療の末、2006年3月13日に第一子の女の子(モニ子)、
2009年8月18日に第二子の男の子(トビ)を授かりました。

子育て日記+NZのことなんかをちょこちょこ書いています。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。