スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出産あたりの記録

トビ助の出産のことを記憶があるうちに記録として残しておくことにしました。
いつものようにクドイ私のことなので話が長くなります・・・。


今回の出産は二人目だし異常に大きく膨らんだお腹、なんてこともあり、
予定日より1~2週間は早く生まれてくるんじゃないかな?と勝手に予想していたんですが、
何事もなく予定日の8月16日(日)を迎えました。
予定日が同じだった横浜に住んでいる2つ下の医者をしているイトコは、
律儀に予定日当日の早朝に元気な男の子を出産しました。ん~~羨ましい。

次の日の17日(月)、いよいよ予定日も過ぎたし、もういつ生まれても問題はないので、
早速姉に陣痛を促すツボ、をマッサージしてもらいました。
その直後からいつもと違った腹痛が現れ始めました。でも陣痛とはちょっと違うような?

その日の夜、モニさんがやっと寝静まった頃、21時14分、最初の陣痛が来ました。
(でもその時点では陣痛なのかなんでもない腹痛なのかはわからなかったけど)
5分間隔でまた来たり、30分何事もなかったり、っと不規則だったので、
とりあえずしばらく時計と睨めっこをしながら様子を見ることに。

22時30分。「もうこれは陣痛だ」っと確信。でもまだ間隔は平均15分間隔でまだマチマチ。
病院に持って行く最終的な細かいものをバッグに準備する。
母屋のみんなはもう熟睡。

24時30分。間隔が10~15分間隔で確定してきたので母を起こし、病院に電話する。

24時50分。病院に着く。夜中の入院なので1階で警備員さんに入館書にサインをさせられる。
「ローマ字の苗字に漢字の名前」を記入すると、「うん、上手上手」っと誉められる。
やっぱりガイジンに間違えられる。まだ笑える余裕あり。

1時。陣痛室に通される。トイレに行ったらおしるしが。
助産婦さんに内診してもらう。まだぜんぜん2~3センチしか子宮口が開いていないらしい。
モニさんのときは2~3センチ開くまで8時間もかかったんだけど、今回は3時間。
でも・・・・
2人目3人目を生んだ周りのお友達のほとんどは2~3時間で出産されていたので、
「え????もう3時間経ったのに2~3センチなの???」
っとショック。
でも陣痛はぜんぜん耐えられるぐらいなのでしょうがないかな。

2時。3時。4時。
間隔が5分に縮まるもまだ余裕があり、
悠長に母とテレビで「ベルリン世界陸上」を堪能する。
(いや~~、日本語でこういうスポーツものを見るっていうのすんごい久しぶりだったし、
考えなくても言葉が耳に入ってくるわ、情報が満載だわで
この世界陸上はこの後の入院生活中もものすごい娯楽として私を楽しませてくれました。
しかも早朝5時ぐらいまで毎日やってたし!)

5時。いよいよ陣痛も本格的に!
まだ3~5分間隔ではあるけれど、「痛い~!」っと言わないと乗り越せないぐらいの痛みに!
それでもまだ子宮口は3~4センチ!どんだけ硬い子宮!!
姉がいればまたツボをマッサージしてもらえたんだけど、早朝なのでお願いできなかったのが残念!

6時。まだ5センチぐらいなんだけど、痛みが相当進んで来てるので、
隣の部屋の分娩室に歩いて移動。

6時半。
お医者さん登場。
痛みは強いけど、まだ子宮口が開ききってないので、ってことでまた陣痛室に戻される。
「他に使う人がいるわけでもないんだし、もうここに来たんだから動かさなくてもいいじゃん!」
って思いつつも、もう話す気力なんかないので動かされるままに従う。

7時。痛みがもう最高潮!
助産婦さんに「ヒィヒィ、フゥ~って息吐いて」って何度も言われるんだけど、
息なんか吐けないんだよね。
「できなぁ~~~~い!」
「もう止めますぅ~~~~~~!」(出産をね(汗)。無理とわかっていながらも3回言いました)

7時30分。
やっとお医者に分娩台に上がっていいと許可が。
ベッドから両脇を抱えられて立ち上がろうとしたとたんに破水。
「痛い~!もう出る~!」っと叫びながら分娩台に上がる。

上がったとたん、ものすごい吐き気がして雄たけびを上げ、一瞬、気を失う。
その瞬間、目が白目むいたの自分でなんとなくわかって気持ち悪かった。
多分、すごい一瞬のことだったみたいで、その後助産婦さんたち(2人+医者1人)が
テキパキと準備を始めてるのが目の隅に入る。
そしていよいよイキミ。
アゴを引けだの、腹を見ろ、だの、つかんでいる手すりを押すようにだの、
お尻を突き出せだの、ウンチするようにふんばれだの言われたんだけど、
もう何がなんだか何一つできない感じで、ただ吼える吼える吼える!「ウォ~!」っとかそんな感じ。
4回目、5回目のとき、お医者さんが腕で腹の上部を押してくれると、
赤ちゃんの頭が出てきた模様。

そのときに廊下に出て待っていた母、私の雄たけびを聞いてるのに耐えられず
分娩室に入って来て、「もう切ってやってください」
っとお願いする
でも助産婦さんに「もう出てますよ~」っと言われ、その後しばらく母は立ち会って観察することに。
人の生分娩なんて見たことなかったようなので、これもまた母にとってはいい経験になったのでは?

さて、赤ちゃん。
いったん頭が出て来たらもうイキマなくていいんですね。
あとはズリズリっとゆっくり一人でに出てきました。
まだ足は出てないんじゃないの?ってぐらいのときにもう元気な産声を上げました。
「出てくるわよ~!見てて!」
って何度か言われたんだけど、もうね、そんな気力ないのよね。
「男の子よ~」っと遠くの方から聞こえてきたのは覚えてます。

その後は後産、胎盤がズルリと出てきて、裂けそうになったから切った(感覚はあったけど、
そんな痛みなんか陣痛に比べればなんてことなかった!)っていうところを縫ってもらって、
全てテキパキと仕事が進む。
んん~~さすが日本!

モニさんのときはここで新米のインド人女性医者が縫ってくれたんだけど、
新米だけに30~45分も縫うのに時間がかかって、しまいには5日経っても痛くて椅子に座れず
助産婦さんに見てもらったら溶けるハズの糸が外に出て来てるからってことでソレを抜糸することに。
分娩が無痛だったので最高潮の痛みを知らない出産だったから、
モニさんのときの出産で一番痛かったこと、っと言ったらこの抜糸、がそうでした。

その後、2時間ほど分娩室で横になって、赤ちゃんを抱っこしたり、おっぱい吸わせたり、
その間に父とモニさんが面会に来てくれたり。
赤ちゃんは指というか手というかをチュバチュバすでに吸っていたので、
おっぱいもすぐ吸ってくれました、が、マッサージをぜんぜんやってなかったので、
お乳は出ず、この後苦しむことに・・・。

ともかく、

2009年8月18日(火) 午前7時46分(NZ時間10時46分)
3408g 51.5cm
Toby君

誕生しました


10時。病室に。
前日から促進剤を使って出産を待っている中学・高校の同級生のKちゃんと同室、隣のベッドに。
ちなみに彼女は3人目なので陣痛が始まってすぐにスルリと出産、
産後もスタスタ歩いて「生まれたよ~」っと病室に戻ってきて、
おっぱいもすぐガンガン出て赤ちゃんもお腹いっぱいだからスヤスヤ寝るしで、
もう本当に健康な妊婦さん&赤ちゃん、でした。アッパレ!


・・・時間がなくなりました。
とりあえず写真だけ載せます。つづく!


pp8

pp9

pp10

今日は9月25日。
一ヶ月と一週間が過ぎてからになりますが、追記記録します。

今回のこの病院では問題のない私は6泊でした。
最初の3泊はツワリがヒドクで入院してる人との3人部屋。
初日と2日目は夜は夜勤の看護婦さんにトビ助の面倒をバトンタッチしました。
だって2日間寝てなかったもので・・・。
こういう要望に柔軟に対応してくれる病院でとっても助かりました。
母乳を推奨してる病院ではあったけど、これも柔軟。
粉をあげたい人はあげてもいいわよ、って言った感じ。
だから私は今回は気負わず、「夜は寝たいから」っと面倒をお願いし、粉を何回かあげてもらいました。
そのせいかどうかはわからないけど、1ヶ月経った今、
99%母乳だけど時々の私のお出かけ時、家で留守番してるトビ助、
嫌がらずに粉も飲んでくれる様子です。
これからもたま~~に粉を続けたいな。私が病気になったときとか助かるしね!

そして後半の3泊。
出産した妊婦さんだけの部屋に。
またしても廊下側のベッドで景色も見えず、ちょっと凹み気味。
エレベーターホールまで出向いて時々外の景色を見に逃亡することも。
2人目3人目出産っと人数が増えるごとに重くなるという後陣痛も、
3日後ぐらいにはほぼなくなりました(が!しっかし痛かった!出産後にまた
こんな痛みがあるとは知りませんでした!)。
最終日、やっと空いた窓側のベッドに移動させてもらい、ちょっと広めの空間を楽しみました♪
しかし相変わらず向かいのベッドの中国人の方のいびきには悩まされましたが(笑)。

入院中の痛み。
上記の後陣痛、おっぱいがうまくまだ出ないのにトビ助の吸引力が強すぎて、
乳首が切れ出血までしてしまいました。この痛み。そしてキバルのがこわくてなった便秘。
乳首は産後2週間ぐらいまで痛かったですが、いずれも退院時ぐらいにはほぼ完治。
未だに残ってるのは尾てい骨の痛みです。
これは続く人結構いるみたいです。出産でずれたりゆがんだ後遺症のようです。
早く治るといいな。





スポンサーサイト
コメント

やっと、やっと、トビ助の顔が見れた!!!
お顔、可愛い~♡頭の形がいいね~。
モニやんには似てないかなぁ。。旦那さんにも似てないような。。
でも、これから、ママに似たり、ダディに似たりしてくるんだろうね。

陣痛から出産までの、痛々しく、生々しい話、読ませてもらったよ。なんか、陣痛の痛みがまたよみがえって来そうになった。
本当に、よくがんばってね、モニやん!
最高に痛かっただろうし、雄叫びもたくさんしたけど、こんなに可愛くって元気なトビー君が産まれてきてくれて良かったね~!!!
本当におめでとう♪

おぉ、可愛い!Tobyくん! モニちゃんも何だか
はにかんでお姉ちゃんって感じで可愛い!

いやぁ、出産話。さすがに自然分娩凄いねー
お母様も見ちゃったんだね。いやぁ・・・
すごい。痛くて大変だったろうけど
ほんと良かったねー。
無事にNZに帰れるように準備も頑張ってね!

おっ!!いつの間にアップしてたの~!
遅ればせながら、トビ助くんの顔見れて嬉しいわ♪
鼻の完熟の印、おんなじだ~!
このブツブツって未熟児にはないって話なんだけど、ホントかな!?
2度目にして自然分娩、大変だったね~!
私もさ、産む3時間前の内診でまだ3cmしか
開いてなくて気が遠くなったんだけど
そこで長丁場を覚悟しただけに、逆に早く感じられて
一人目の時よりかなり精神的には楽だった~。

★ロバっち★ 気がついてくれてありがとう(笑)!日付を遡ってアップしたからあんまりみなさんに写真を気づかれなかったわ。顔は確実に私より旦那似、だけど、なんかいまいちピンと来ないね、まだ。

★バチさん★ そうよ~、出産、流れで母が立ち会ってしまったわ。トラウマになったりしてね(笑。今更なんの?)。

★lunarさん★ こそっとアップしちゃったわよ。よく見つけてくださいました!鼻のぶつぶつってそうなんだ!!そういや14日過期産で生まれたモニさんもあったなぁ~。

やっとトビ助の顔が見えたよ~!
かわいいね~!ロブに似てるか???私敵には3枚目が真理子さんに似てると思うのだけど!?でもやっぱり外人さんの顔してるね♪出産記録の日記をかなりまじまじ読ませてもらったよ。もう痛そうでチョーいたそう。あーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーやだなーやだなーーー。あーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーいたいのやだな。
っほんと、よくできましただよ、まりりん。
もにチャンもおねえちゃんぽくなったね、顔つきが。早くみんなに会いたいよー!もにチャンの山形弁ききたいしさ!

本当に実況中継って感じで迫力ある記録。ごちそうさまです。あのお腹の大きさだったのでもっと大きいのかと思いましたが、4㌔全然なかったんですね。でも、痛みが半端じゃないようで、、、そんな痛みを乗り越え誕生したトビ君。沢山の愛に包まれて育つ事でしょうね~☆

トビ助くん、いたいた~♪♪
危うく見逃すところだったわ!
ロバちゃんも言うように、ほーんと綺麗な頭の形だねぇ。
寝顔も凛々しいし!ハンサムになるだろなぁ^^
早く会いたいよ~~♥

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
いくつになったの

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

モニやん

Author:モニやん
40代中盤の旦那
40代突入のモニやん

不妊治療の末、2006年3月13日に第一子の女の子(モニ子)、
2009年8月18日に第二子の男の子(トビ)を授かりました。

子育て日記+NZのことなんかをちょこちょこ書いています。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。