スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

欲のないDr.G

今日はDr.Gに会いに行った。妊娠してもしなくても7月中に来るように、と言われていたが、なんと目出度く妊娠の報告ができた彼もかなり喜んでくれた。4月にやった手術時には、卵管が詰まっていたとは100%は言えない、と言っていた。ただ着床を妨げるような膿はなかった、ということだったが、今回こうやって、ゴールデン期間中に妊娠した、ということは、やはり卵管のお掃除がされて卵子の通りがよくなったからである、とのことで、卵管が詰まっていた、という見解になるらしい。

今後の妊娠のケアについては、GPでこのままスペシャリストで行くことを薦められたし、私達2人もそれがいいと結論を出したのでその旨伝えると、
「どうして?」
と聞かれる。どうして?って、私普通じゃないみたいなことGPに言われたし・・・
「全然大丈夫だよ!40過ぎてればちょっと慎重に行った方がいいかもしれないけど。私立で行くと3500ドルかかるよ?そりゃあ公立での扱いより検査等がマメだったりするけど実はそんなに変わらないんだよ。その分赤ちゃんが産まれたらナッピーでも買ってあげなよ!」
旦那が感動していた!なにを隠そう、うちの旦那は(義母も)超が付く貧乏性、よく言えば節約家、ね。
医者なのに儲けられるだけ儲けちゃえっていう姿勢がなく、ナッピーでも買えっていう意見に感動し、しかも安心し、ミッドワイフ(助産婦)制でお願いすることに変更した。ただし、今までの手術の経過等が管理し易いので、病院付属のミッドワイフを薦められ、彼が段取り(紹介状)を取ってくれた。
とりあえず、最後の確認として、来週一回目の超音波検査をすることになった。普通の妊婦さんは10週を過ぎてから撮るらしいが私はまだ今の段階では”普通”じゃない、ってことらしい。早く”普通”の仲間入りが出来ますように・・・。
ちなみに今日のスペシャリスト診察代は120ドル(そうい言えば、4月の診察代、後日請求書を郵送するって言われたけどまだ来ていない。ギフトを持って行ったからオマケしてくれたのか、忘れてるのかタダに越したことはないからこのまま黙っておこっと)。
スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
いくつになったの

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

モニやん

Author:モニやん
40代中盤の旦那
40代突入のモニやん

不妊治療の末、2006年3月13日に第一子の女の子(モニ子)、
2009年8月18日に第二子の男の子(トビ)を授かりました。

子育て日記+NZのことなんかをちょこちょこ書いています。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。