スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スクランブルエッグ

あ~ 平和。台風一過

現実には今晩は雷とか鳴る嵐らしいんですけど。



うちの義母たちは寒いロトルアに住んでいるので、毎年6~9月ぐらいの冬の間は海外逃亡します。
今年は南米ペルーだかアルゼンチンだかに行くそうなんですが、そのツアーが9月末出発なんだそうです。
9月っていったらもう真冬は越してます。意味ないじゃん、ってことで、今日から3週間、第一弾としてオーストラリアはクィーンズランド、Noosaとかあたりに旅立ちました。
その後はさすがに義母は行かず旦那だけみたいだけど、なんと南極に行って、その後にいよいよ南米へと旅立つそうです。

ということで、今朝9時半にオークランド空港発だったので、昨晩はうちに泊まりに来ました。
義母だけならまだアジア系の食事を作ってもなんとか食べてくれるんですが、Lynsayは昔の人だしイギリス系なので新しい物なんかチャレンジして食べようなんて思いもしません。
コテコテの洋食オンリーです。芋、肉、チーズ、クリーム、牛乳系。ソースもクリーム系なら。でも小洒落たソースは食べません。塩コショウでenough。
なので、元々大の大の料理嫌いな私なんですが、彼らが来ると何を作ったらいいのか?ますますもって苦悩なんです。

そういう時は旦那に相談。

「金曜だしジョークっぽくフィッシュ&チップスみたいな感じでいいんじゃない?」

*こちらでは昔、その昔、クリスチャン達は金曜にお肉を食べてはいけなかったらしく、お魚を食べていたそうです。


なるほど。フィッシュ&チップスなら簡単だからソレで行こう。
でも4人分を熱々にタイミングよく作り上げるのは至難の業です。でもなんとかお昼過ぎからほぼ半日かかって(笑)、コールスローとビーンサラダ、自家製タルタルソース、フルーツサラダなんかも作ってみました。
これぐらいなら斬新な味ではないらしく、Lyndsayも食べてくれました。
良かった良かった。

それで調子に乗った義母。

「明日の朝(7時に出発)は軽く朝食食べて行っていいかしら?スクランブルエッグなんていいわね~~。」





お前が作れ!!!!


どうぞどうぞ、勝手にご自分で作って行ってくださぁ~い。

さぁさ、遠慮なさらずにどうぞ~~~。


ってなわけで、今朝ほど無事に旅立ちました。
もちろん私はスクランブルエッグは作っていません!
母想いの息子が作っておられました。
いや、こんな鬼嫁の私でもね、「食べて行っていい?コーンフレークとかで全然構わないから。」なんて言われたら「なにか作りましょうか?」ってことになった(?かな?)、かもしれないんですけどね、料理名を完全に指定するほど頭の中で食べたい物のイメージが固まってる、しかも絶対食べたい!ような雰囲気をかもし出す方には、作れませんことよ。オホホ。

さて、その朝にもプチ笑えるエピソードがありまして。

モニさんと私は早朝7時に出発ということで家で留守番することにしたので、旦那と義母とLyndsayの3人が出発しました。その数分後・・・また人の声が下で聞こえました。

なんか怒ってる声??

旦那の声だったので多分忘れ物をして戻ってきたんだなぁ、と思ってました。
空港まで送って帰ってきた旦那に、どうしたのかそのことを聞いてみると、案の定、義母がジャケットをベッドルームに忘れて行ったそうです。

出発した車中でそのことに気がついた義母が言った言葉。

「もう!Lyndsay!私、ジャケット忘れたじゃない!あなたがどこかに動かしたんでしょう?」


旦那がいつものようにガイジン風アクセントで、「オレの母ちゃんはどんどんヘンタイになっていく・・・。」と言っていました。
自分のジャケットなんだろう?と、旦那が怒りながら取りに戻った、ということでした。人のせいにする人、ね。自分が正しいんですよ。自分が自分のジャケット忘れても人のせい、自分が正しいのです。困ったものです


マシンガントークが立ち去り静かな土曜日になりました。
スポンサーサイト
コメント

義母さん、やっぱりキャラの強い人ですね。
「スクランブルエッグなんていいわね~」って遠まわし(いや、直球?)に言えちゃうところもすごい。
ジャケットの忘れ物も、旦那さんのせいにしちゃうのね。。そんな手もあったか、、なんてね(笑)。
そんな旦那さんが気の毒。。

でも、そんな義母夫婦のために好みの手料理をちゃんと考えて偉い!

静かな休日になってよかったですね!

すっごいね そういう状況で朝ご飯作らないといけないなんてまるで日本みた~い

ちなみに私、朝ご飯とかつくったことないよ
誰かの家にお泊まりに行っても作ってもらったことないよ

勝手にシリアルとかそこら辺にあるもの食べてって感じだもん

やっぱりおうちによっていろいろちがうんだねぇ・・・いやぁ 大変だわ

モニやんさん偉いよーーー。
私だったらフィッシュ&チップス買ってきてバーンと広げておしまいだね。
朝ごはん、スクランブルエッグ指定はむっとくるね。
旦那さんが作ってくれてよかったよ。
これで「当然嫁が作れ」だったらカッチーーーーンだね。

しかし羽振りがいいねー。
オーストラリアに南極に南米か。
いい老後だわ。

 フィッシュアンドチップスごくろうっす。
スクランブルエッグ指定だったから美味しかったんだろうね。やっぱり。
ま、しばらくいなくていいわね。
でも、本当に豪勢よねぇ。そちらの年金生活者ってみんなそうなの???

★アロハママさま★ キャラ、濃いでしょう?誰かに会ってもらって証明して欲しいんだけどねぇ~(笑)。でも、根はいい人なのよ。でもやっぱり自分が優先(一人っ子だからかなぁ?)だし、イマイチ気がつかない人だったりします。なので「卵料理」と言えず「スクランブルエッグ」って具体的調理名出しちゃえるのねぇ。 旦那さん、かわいそうでしょう?時々、本当に同情します(涙)。

★mi-koさま★ でしょでしょ?日本みたいでしょう?って結局私は作ってないんだけどね。旦那がさ、ホイホイ調子こいて作るからさ、毎回だんだん要求してくるようになってしまったんだ。私はお手伝いさんみたいだよ。食べ終わったお皿をキッチンまでさえも運ばなくなったしね(怒!)

★かいかいママさま★ 私も買おうかどうか考えたんだけど、4人分って結構高いんだよね(汗)。なので節約してみたよ。 理想の老後だよねぇ~?毎年「今年が最後だから」って言ってるけどね(笑)。

★バチさま★ 旦那が作ったからね、おいしかったよ。 こっちの年金者ってわりと優雅みたいよ、今のところ。あと健康も関係するよね。知り合いの老夫婦はもっとお金持ちだけど、体が丈夫じゃないから海外旅行なんてできないでいるしね。健康な義母夫婦だからできること、でもあるかもしれないね。ホセオバ調子どう?  

 あつあつのフィッシュンチップス、お疲れさまでした。こういう単純に見えるのが一番難しいんですよね。私は未だにベーコンエッグを上手に作れないです。
 それにしても義母さま、毎回色々話題を残してくださっていますね。今頃はオーストラリアで楽しんでいるんでしょうね。いいなぁ、毎年冬にエスケープできるのって。

ホセおば元気だよ。ちょっとボケ?と耳が遠くて困ってるけど。
テレビガンガンで他の音が何も聞こえない?
みたい・・・

うわさにはきいていたけれど、すごい義母ですね。モニやんさん、上出来の嫁です。私はまねできない。それに料理ができる旦那様でよかったね。これで全く出来ない人だったら、モニやんさんが一人でしないといけないしょうしね。
優雅な老後を送っているようでうらやましい気も・・・
私達の時もそんな老後だといいねぇ。

大変な週末だったんだね。お義母さん、かなりのツワモノだねー。朝7時出発なのに「スクランブルエッグを食べたい」だなんて言えないよね、フツーは、、、。
それにしても、昼過ぎから夕飯作ってたなんて、頑張ったね~。すごいよ!!あ、でも一言言うとしたら、私だったらそのメニューなら2時間ぐらいで出来るかな。

★たまなおさま★ そう!意外と難しいのだ!焦げてもマズイし火通ってなくてもマズイしね。 義母の汚名(笑)挽回で言いますと、いいところもありまして。借りた車に今日初めて乗ったら、助手席に封筒があって100ドル入ってました。「これでガソリン詰めてドライブ楽しんで」って。結構いい奴でしょう?冬脱出生活いいよね?大橋巨泉みたい(笑)。

★バチさま★ テレビがんがんかぁ~。うちのおばあちゃん思い出しちゃった。でも体大丈夫そうでよかった♪

★ijiwarupyさま★ 彼女に関してはエピソード沢山あるからね(笑)。旦那がもし料理できない人だったら言わなかったかもしれない。息子に甘えたい母、母を喜ばせたい息子を時々演ずる親子なのです。 私たちが老人の時はきっと年金はほとんどもらえないだろうし、こんな生活はかなり裕福じゃないと無理かなぁ・・・。

★ちはるさま★ そうよ、「来る!」ってわかるともうその日から緊張よ(大袈裟)。 あら、ちはるさんは2時間もかかるのね?私は実質1時間でできたんだけどね、休憩入れ入れ、オホホホ。

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
いくつになったの

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

モニやん

Author:モニやん
40代中盤の旦那
40代突入のモニやん

不妊治療の末、2006年3月13日に第一子の女の子(モニ子)、
2009年8月18日に第二子の男の子(トビ)を授かりました。

子育て日記+NZのことなんかをちょこちょこ書いています。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。