スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子宮の超音波検査

今日はバスに乗って子宮内の超音波検査ができるラボに行って来た。朝一番の予約だったので、のんびりNZのことだからまだ受付の人が来てなくて、ちょっと待たされた

私は今まで何軒も婦人科に行っているので、医者が男だろうと女だろうと、内診をされるのにはそんなに抵抗がない。悪いところを治してもらえるなら、どうぞ、って姿勢です。
でもやっぱり相手が言葉が通じない外人さんだったりすると、同じ女性の方がちょっとだけ安心したりする。今日の技師は女性だったのでホッ!
診察方法は、体内に棒状の物を入れられての検査だった。体を右左にねじったりしながら。画面に映像が映されて、その場で感想を言ってくれた。

”問題ないわね”。

安心した。どこの婦人科医に行っても”あら、お宅は婦人科病棟だなぁ”って言われるぐらい家系は婦人科病だらけだから。父方の祖母は子宮ガンで子宮を摘出している、父方の叔母が卵巣ガンで亡くなっている、母方の叔母2人は子宮筋腫で子宮を摘出している、から、、、。
ちなみに今日の超音波代は185ドル。

スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
いくつになったの

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

モニやん

Author:モニやん
40代中盤の旦那
40代突入のモニやん

不妊治療の末、2006年3月13日に第一子の女の子(モニ子)、
2009年8月18日に第二子の男の子(トビ)を授かりました。

子育て日記+NZのことなんかをちょこちょこ書いています。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。