スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モニ!忘れてないよ!

まだまだまだまだ、日本は戦っています。

仙台に隣接する利府町というところに住んでいる友達と昨日電話で話しました。
まだ水道が戻っていなく、不便な生活をしているそうです。

そんな彼女も「本当に大変なのはこれからだよ。」って言ってました。


父とも話をしました。
「海外ではどんな風に報道されてるの?」っと感心を持っていたので、
NZはさほど露骨に言ってないけど、諸外国は日本国外に出ろ、
放射能がどうのこうのってかなり過敏になってる様子っと言ったところ、

「俺らは逃げらんねもの、しょうがないべな~」

っと。日本滞在のガイジンさんたちは、帰る母国がある、家族がいる、
帰ったら帰ったところで仕事もなんとかなる。
でも、日本人にとってはそうないかないんだよね。



長期戦になります。子供の世代まで続きます。
これからみんなでいろいろ知恵を出し合って行きましょう!



っと、眉間にシワばかり寄せていた母、能天気派のモニですが、
ニュースの映像を見ていると、

「これはクライストチャーチでしょう?」「これはジャパンでしょう?」

っと、感心を持っている様子。分かり易く少しだけ説明したりしてましたが、

先日の夜、

「ジャパンが怖くて寝れない。」

って言ってました。



だよね。まだ5歳になったばっかりだもんね。


ごめんごめん。学校始ったばかりのその週からずっと暗いニュースばかり見させて
あんまり学校のことに目を向けてなかったな、っと。

でも忘れていたわけではないんだよ。



ってことで、記録しておきます。


sc-1

記念すべき初日の下校時です。
緊張していたんでしょう、爪を噛みながら出てきました
(父親、父方の祖母、母方の祖父が爪を噛む悪~~~~いクセがあるので
治すのが難しいっ!!!!!)。


sc-3


6日目。インターナショナルデーがありました。
お国のお洋服で、お国の食べ物を持参で、っていう日でした。
かわいい甚平さんがあったのでソレで行ったら?っと言ってたんだけど、
どうしても浴衣(着物って言ってるけど)で行きたい、っと。
でも2つ持ってる浴衣、2つとも2歳児用・・・。
バカボンみたいにして行きました。

お隣のクラスメートはキウイだけど、チャイナドレスで参上、しかも
二人とも持参した食べ物は、、、寿司!!!あはは~~~。
キウイの洋服に食べ物はボーリングだもんね~~~~~。

sc-4

左から。
マレーシアとキウイのハーフ(スペシャルニードのおばさんが着いてます)、
アイランダー、インドネシア、ダッチ(オランダ)、キウイだけどチャイナ、キウイだけどチャイナ。
前列しか見えませんでした(涙)。


学校について。
クラスメート、毎週増えてますが、現在21人で、白人9人、アジア人(モニ含め)4人、
中東3人、アイランダー系5人、そんな感じでしょうか。
なかなかのミックス具合だと思います。

なにせDecile


なので、いろいろ厚遇されてる感じ♪これはよかったかな。

学校名の入ったお弁当箱を無料で頂きました(モニの名前もテプラで付けてくれました)。
そして毎日フルーツを無料で頂いてるようです。
バナナとかりんごとかぶどうとか。
帰りの時間のマットタイムのときに、上級生が配りに来て食べながら
終わりの会みたいなのをやってます。「食べながら先生の話を聞く」っていうのは
どうかな~?っとも思いますが、ま、無料ですから。

っと、この辺はお友達の学校では聞かない話なので、
多分ランクが低い学校の特別待遇だと思います。
頑張れ~~~!


sc-5

こちらは、毎週木曜日に通っているスイミングでの写真。
先生の誕生日だったらしく、旦那がケーキを焼いて持って行ってあげたようです。
今タームはクラスにモニ一人だけのようで、ガンガン泳がせてもらってるそうです。
でも、モニは誰かと一緒の方が楽しい~っと言ってますが。

sc-2

トビ、ダディーのバイクの後ろの席、デビューしました。
「まだ早いでしょう。。。」っと私は反対していたのですが。
とくに、シートベルト外してるんですよ!
間違って転んだら路上に吹っ飛ばされるって言ってるのに、
「俺は転ばない」だとよ。
でも突っ込んでくる運転手もいるんだから~~~!

何かあってからでは遅いんだけど・・・。
この頑固親父、どうにかなんないかな~?


トビ。
トビの誕生は、日本にいるイトコ達にはインパクト大だったらしいです。
そうだよね、赤ちゃんが生まれたんだもんね。
しかも、日頃、外国に住んでるんだもんね。

一昨年、トビが生まれた年には、当時中学一年だった姪っ子が
トビの誕生について作文を書いてくれ、文集に載りました。

去年は今度は小学5年生の甥っ子が、1歳の誕生日を迎えた頃に
居候させてもらったあたりのことを作文に書いてくれ、
これまた特選で賞をもらったそうです。
(担任の先生が少々手を加えたそうで、「透き通るような青い目」
っと書いてありました(汗)。本人(甥っ子)は「クリクリとした目」としか
書いてないようですが(笑)。先生といえど、”海外から来た”ってなると
多少色が着いてしまうようで、、、。)

なかなか会えないイトコ同士だけど、また会ったら遊んでね~♪
今度会うときは二人とも、相当大きくなってると思うぞ~
(帰る予定が全くないので(笑))。


*****     *****     *****

津波の被害にあわれた方、身元がわからない方も多いようです。
また、海水で海に流されて行ってしまった方も多いそうです。

せめてせめて、一人でも多くの犠牲者が、ご家族の元に戻られますように・・・・。


スポンサーサイト

できることでいいのでみんなで日本を助けましょう!

お友達(モンカドさん)のお友達のシンガーソングライターの
月嶋カリンさんのサイトです。
被害の大きかった宮城県石巻市出身の方です。

「募金しても途中でマージン引かれて困ってる人に届くのかどうか?」

っと不安に思ってる方々、こちらのサイトからは直接被災地に募金が送られるそうです。
クレジットカード対応。

http://www.calyntsukishima.com/


NZでもいろんなところで募金活動をしたり、時間を見つけて色んなものを作って
売りそのお金を募金したり、義援金集めの大きなガレージセールも予定されていたり、
いろんなところで沢山のひとたちが活動を始めているようです。

うちのお店でも、今日から募金箱を置かせて頂きました。



来週、お店を閉めて旦那とモニだけ、シドニーに行く予定なんですが、
その間に、断りたくないお客さんからケータリングの注文が入ってしまいました。
元々今回私はこのお店を買い戻したことは大反対だったので、お店のヘルプは
ほとんどしない心つもりでいたし、旦那もわかっているので最低限しか
頼んでいないと言っている(?)んですが、このケータリング、やってくれ、
っと頼まれました。30人分。断ってくれ!っと最初は思いました。

シンプルなものだけしか出さないのでなんとかなる人数だけど、
でもお店を離れて長いのでちょっと不安もあるし、トビが・・・

なんて葛藤していたのですが、お友達が二つ返事でトビの面倒を見てくれるっと
言ってくださったので、

もうじき2年、美容院にも行ってないので、いい加減行きたいな
(資金もそうですが、例のおばぁちゃん事件の件で前髪切ろうっと思ってるんですが、
円形脱毛が微妙なところになるので、ずっと迷って切れないでいます)、
その働いたお金で美容院行けるな~なんて思ってやろうかと心が動いていたときに、


そうだ!!


これでまとまった金額の募金ができる!


そう思ったら、「こんちくしょー、なんで私がやらないといけないんだ!」
っと怒っていたんだけど、「やってやろー」って思いになりました。



みなさんも、できることでいいので、日本で未だに困っている被災地の方たちの
ことを思い、行動起して下さい。


日々、小さなコインを貯めて後日募金するのもいいでしょう
(お子さんがいらっしゃれば、お子さんと一緒に実際に募金されたりしたら
お子さんの教育にもよろしいかと思いますよ!)。

実際に被害に合われたり、また被災地の近くにご家族・ご親戚・お友達
がいらっしゃったりするなら、できるだけ電話やメール等を差し上げて
話しを聞いてあげるだけでもいいと思います。話したがっている方、多いですよ。

海外にお住まいの方でもうじき日本に行く予定の方たちもいらっしゃると思いますが、
そしたら滞在先の近くに避難所があるかどうか調べ、海外でしか買えない便利なものとか、
または被災地の子供たちにおもちゃの一つ、でもいいので持って行ってあげる、とか、
そういう小さなことでもいいので考えてみて下さい。




そうは言っても日本は豊かな国だから大丈夫、っと思ってらっしゃる方も
多いようですが、今回は今までみたいに元通りにはならないと思います。

沢山のことを犠牲にしないといけないことになるでしょう。


でも、それでもいいじゃないですか!

とりあえず今は、困っている人たちに手を差し伸べましょう!
是非、自分の家族・親戚・友達が避難所にいる、っと想像してみて下さい!


持ちこたえて!

あれから一週間、雪の降る、寒い寒い避難所におられる方々のことを思うと、
なんとか早く、せめて電気・水道ぐらいは通るところに移してやって欲しいなぁっと思います。

今日は実家の母と姉と話しました。
わが町でも被災地の方々を受け入れ始めたそうで、会館みたいなところ
でお世話をしているそうです。素晴らしい。助けあい、頑張っていただきたい。
ちなみにわが町は仙台より、どれぐらいでしょう?約60キロぐらいかと思います。


山形出身の私なんかより、もっともっと被災地に近い方の目線でのお話も
あると思いますが、隣接する山形の事情(家族)を記録しておきます。


地震から8日目、電気・水道・ガス・電話等のライフラインは通常通りに戻ってますが、
首都からの道路事情とガソリンの問題で物資が入って来ず、
近辺のスーパーは食料がガラガラだそうです。

昨日、久しぶりに近所のスーパーで菓子パンがあったので4袋を掴みレジに持って行った母、
「一人一袋までなんです」っと断られたそうです。
そのたった一個の菓子パンを何等分かに切って、子供優先で食べたそうです。

車で行けば物がわりとあるスーパーがあるらしいのですが、
なにせガソリンが手に入らない状態(2日前、町に数軒あるガソリンスタンドのうちの
たった一軒が開店したそうです、が、1キロ以上の行列ができたそうです)なので、
諦めてるようです。

しかし、あと数日後には物が入るようになる、っという噂があるようなので、
なんとか大丈夫かな~っとわりと前向きでいます。

不便な生活をしていますが、それでも「太平洋側の人たちに比べれば幸せなものだ、
申し訳ない」っとみんなが口にしています。



わたくし、10~12年前の2年間、仙台に住んでおりました。
今回の地震が起きた後、わりと初期に「若林区に遺体200~300」っていうニュースがありました。
その若林区に住んでおりました。私は同じ区でも内陸の方でしたので、
海側の方はあまり知識はありませんが、避難所となっている小学校は
近くにあった記憶の名前、でした。

あそこら辺が・・・・・

っと思うと、事実を受け止めるのが怖いです。



仙台空港近くがご実家のお友達、家を流されてしまいました。
そしておばぁちゃんがお亡くなりになりました。。。。。。。。。

きっと90代のおばぁちゃん。長生きされてきたのに、最後にどんな恐怖心、痛みと戦って
亡くなっていかれたのか、っと思うと、胸が苦しくてしょうがないです。

そんな不幸があった中でも友達は、「親戚のお家にいられるから、避難所にいる人たち
よりも恵まれてる」っと言っています。
そんな状況でもこんなことが言える状況、どんな状況なんだろう。壮絶。




8ヶ月の赤ちゃんと旦那さんを連れてスペインから仙台に一時帰国されていたお友達。
オーストラリアとNZとカナダが仙台から東京まで移動するガイジンさんたちの
ためにバスを準備していたそうです。そのバスに乗せてもらうことができて
旦那さんと赤ちゃんと一緒に仙台を出たそうです。
そして次の日、スペインが準備した軍用機で帰国させてあげると言われたそうですが、
赤ちゃんに軍用機はあんまりよくないそうで、商業用の飛行機で昨晩帰路につきました。
そんな彼女とスペイン大使館に滞在中の間、携帯で話したのですが、
「家族をみんな仙台に置いて行くなんて心配で。」っと泣いていました。
すごい決断力がいったと思います。どうぞご無事で帰国されますように。。。




実家近くに住む姉家族。
長男(私の甥っ子。24歳)が姫路で一人暮らしをしています。
南の方の人は生活になんら支障がないのでまた東日本の方たちとは感覚が違うようです
(私も実際、阪神大震災のときは若かったし東京にいたので地元の方たちとは感覚が
まるで違っていたと思います)。
甥っ子はネット等で情報を収集しているようで、恐怖心がかなり膨らんでいるようです。
姉に「今すぐにでも迎えに行くから一緒に姫路に移動しよう」っと言ってくれているそうです。
なんとも頼もしい息子!!

しかし、信用できないわが国日本国国家、ですが、さて、放射能についての情報は
どこまで信じればいいのやら?

っと悠長なことを言っている間にまた爆発して今まで以上に漏洩してしまう可能性も
ゼロではないことも事実。


実はわたくし、東京にいる頃、原子力の会社に6年ほど勤めていました。
腰掛OLでしたので、どれがどうなってどうなるのか、なんて難しいことはわかりませんが、
未だに連絡を取り合っている上司もいますので、今回のことでメールしてみました。
専門の方はどれぐらい危機感を抱いているのか?っとさぐりたくて。

彼は福井に単身赴任なのですが、ご家族は茨城におります。
地震でお宅がダメージを受けて修理をしないといけないようなのですが、
おじぃちゃんと息子さんが会社を休んで屋根の修理等をされている、
私は交通手段が復活していないので、福井におります、っということで、
別段焦ってる様子もなく、ご家族を避難させる計画なんかもなく、
っといった感じでした。それを見て、「大丈夫なのかな。うん、きっと大丈夫なんだ!」
っと思うようにすることにしました。

山形の実家は福島の原発から120キロ。微妙です。アメリカさんは80キロ以内に
入るなとか言ってるんで、微妙な距離です。


アメリカさんっと書いて思い出した。
ちょっと愚痴っておこう。

ガイジンさんたちの避難についての行動は、おフランスさんが一番早かったかな?
そんなに放射能が危ないってことをご存知のお国なのに、
以前はずいぶんと核実験を自国からわざわざ遠く離れた大西洋でドカンドカン
やっておられましたよね?

アメリカさんもそう。80キロ近づくなって?
そんな危ないものを、一度とならず二度までも、広島・長崎と落としてくれました。

東電さん。
読んで字のごとく、東京電力。東京、関東。
福島って東北なの。福島は東北電力から電力もらってるの。
水道代が安いとか給付金があるとか恩恵は受けていたかもしれませんが
(私の予想です。調べてないです。)、関東に電力を送るための
原発で福島のみなさんが被害を受けている。
なんとももどかしい、むごい、やるせないっ!




愚痴っても何も今は始らない。
そんなマイナスエネルギーは最小限にし、今は、苦しんでいる方々のことを思い、
なにもできないけど、ただ思い、自分も節制して、気持ちを送ろう。

この災害が落ち着くまで、まだまだ先が長い。復興まではもっともっと時間がかかる。

避難所の方、泥で汚れた手を洗う水もなく、汚い手で冷たいおにぎりを
食べているそうです。

ずうううっと応援、サポートしていけるように、今は静観し、こういう現実を記憶にとどめ、
いらない情報は消去し、前向きでいられるように心がけよう。うん。


*モニの誕生会、先週でよかったです。今週末だったら多分、私、できなかったと思います。
 落ち込んでおられる中、忙しい中、来てくださった方々、おめでとうっと連絡をくださった
 方々、再度、ありがとうございました。
 モニは元気で小学生になりました。キンディーが終わった次の日、「キンディーに行きたい」
 っと珍しく泣いていましたが、今は「スクールの方が楽しい」っと言っています。



頑張れ日本!+ 誕生会

【北米総局】東日本大震災を受け、米紙ウォールストリート・ジャーナル(電子版)は12日、「不屈の日本」と題する社説を掲載した。社説は地震大国日本の技術力と「備え」をたたえ、「日本は経済が低迷し、政治家の失態に国民の大部分は当惑しているが間違ってはいけない。日本の産業力は依然として偉大だ」と述べた。


また米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)は11日、阪神大震災当時に東京支局長だったニコラス・クリストフ氏の「日本へのお悔やみ、そして称賛」と題するコラムを掲載、日本人の精神力の強さをたたえ、復興に向けてエールを送った。
 クリストフ氏は、阪神大震災時の取材で、崩壊した商店街で略奪がほとんどなかったことや、支援物資の奪い合いが生じなかった事例を紹介。「我慢」という日本語を引き合いに「日本人の忍耐力や冷静さ、秩序は実に高潔だった」と説明し、「今後、それらが示されるだろう」と期待を寄せた。

地震多発国で東日本大震災への関心が高い中国では12日、非常事態にもかかわらず日本人は「冷静で礼儀正しい」と絶賛する声がインターネットの書き込みなどに相次いでいる。短文投稿サイト「ツイッター」の中国版「微博」では、ビルの中で足止めされた通勤客が階段で、通行の妨げにならないよう両脇に座り、中央に通路を確保している写真が11日夜、投稿された。

 「(こうしたマナーの良さは)教育の結果。(日中の順位が逆転した)国内総生産(GDP)の規模だけで得られるものではない」との説明が付いた。
 この「つぶやき」は7万回以上も転載。「中国は50年後でも実現できない」「とても感動的」「われわれも学ぶべきだ」との反響の声があふれた。大震災を1面で報じた12日付の中国紙、環球時報も「日本人の冷静さに世界が感心」との見出しで報じた。(共同)

天井や壁が完全に崩れ落ちるような災害の中でも、すべての規律が保たれていた-。インド紙ビジネスラインは13日付で、日本への出張中に被災したインド人技術者が日本人の冷静な対応を称賛する声を紹介した。

 インドの部品メーカーの技術者らは栃木県内にあるホンダの研究開発施設を訪問中に被災。「素晴らしい緊急時の態勢ができていた。すべてが精密時計のような動きだった」。揺れが収まると社員らは集合場所に素早くそろい、あらかじめ決められた各自の役割をきびきびとこなしたという。
 施設から市内に出ても大きな混乱はなかったといい、「冷静さが保たれており、通信状況も含めてすべてが秩序だって行われていた」と評価した。(共同)




世界が注目している中、日本人のみなさん、頑張っています!
元気がなかった日本に元気を喪失させる災害が起こり、今後どうなるのか?
っと不安でしたが、まだまだ本当の芯の強さを残している日本人。

どうかどうか、今後も落ち着いて、効率のよい対応で乗り切って下さい。

*****     *****     *****     *****

わたくしごとですが、昨日の13日はモニの5歳の誕生日でした。
区切りの5歳だし誕生日当日が日曜日だし、ということで、当然日曜日に誕生会を、
っとYMCAを借りて盛大にパーティーを、っと計画していました。
が、一年に一度のジャパンデーと重なり、来られないお友達も多数
(日本人幼稚園等に通われてるお子さんたちはお遊戯会があるため)。

間が悪かったな~っと思ってる矢先に今回の地震。

みなさん、祖国のとてつもないニュースに気分が落ちておられるところで、
わたくしごとのお祝い事に招待なんて、非常識?と思ったりで、
いろんな落ちる要因がありましたが、来ていただける方々は幸いにも
関東以西の出身の方が多かったのでご家族は大丈夫なようでした
(連絡の取れないお知り合いとかはまだまだおられます。わたくしも。)
ので、パーティーをやらせていただくことにしました。

bdp-2

BDP-1

bdp-3

BDP-10

bdp-5


bdp-5

bdp-7


子供たちの笑顔に触れて、一時でも癒されました。

忙しい中・気分が落ちている中来てくださったみなさん、
本当に本当にありがとうございましたっ!



中国からの日本への賛辞も上に添付しましたが、誕生会に、エリ親子、来てくれました。
ギリギリね。
話すと長いんで要点だけだけど、前日、旦那がモニとエリをプールに連れて行ってくれたの。
そしてエリをドロップに行ったときに(ピックのときは昼寝してたらしい(汗))の会話。
「モニの誕生会、いつだっけ?来月?来週?」

数週間前、招待状を送ったんだけど返事がなかったからメールをしたら、
「招待状届いた!いつだっけ?」
って返事が来たの。招待状もらってていつかわかんないってどういうことだろうね(苦笑)?
っと思ったけど、エリママのことだからこれぐらいは想定内。

メールで再度日時をお知らせして、ずいぶん経ってから、「行きます」って返事もらってたんだ。
でーもー結局忘れてたんだって。コレは、想定外だったな(笑)。


そして当日、最初の一時間はYMCAのジムで遊んでもらって後の一時間をモーンングティー
っていう誕生会だったんだけど、一時間近く遅れてジムの時間終わりそうなところ、で登場。

ま、とりあえず来てくれた。ありがたい。

んで、モーニングティータイム。


モニ、主役じゃん?


とりあえず真ん中あたりの席に座らせたんだけど、エリママが強引にモニを
端っこのテーブルに座ってるエリの隣に移動させたらしい!!!

お友達がビックリして報告に来てくれたっ!


モニのお友達はエリだけじゃないのにね。。。
モニもフルーツケバブ食べながら「何ごと?」って顔で移動させられてた。


まぁまぁ、そこまでは許すとしても、パーティーが無事終わって、
小さいながらもパーティーバッグ(お土産)を帰られるお友達に渡してたんだけど、
まだ帰らないエリ、見たら欲しくなって何度も催促に来るんだって(旦那が配ってた)。
さすがに旦那もイラっと来たとかで、
「帰るときに、ママと一緒にいるときに渡すから。」っと。

結局まだ帰らないけど、「ママと一緒ならいいんだ」っと思ったみたいで、
ママを引き連れて自分の分と妹の分をもらいに来たエリ。

親見てるし、早目だけどっと渡したのさ。



そして会は無事終了。後片付けをし、全ての荷物を施設の外に移動してたの。
後で車移動してきて載せようと思って。


そこで、エリママ、外に出した箱の中にあった、念のために余分に作っておいた
パーティーバッグを勝手にとって、
「はい、エリ」
って渡してるの!!

そしてそんな親の姿を見たエリ、最後のもう一袋を取ろうとしてるの!

さすがにソレは今日熱が出て来れなかったお友達の分で、袋に名前も書いてあったので

「エリっ!それはエリのじゃないよ!」

って言って止めたんだ。そしたら戻したけど、すぐ後ろに私がいて見てた、
ってのわかっても、何も言わない親!!

「ごめ~ん、コレもらってもいい?」

って普通聞かない?コレって泥棒じゃないの?
親が子供に「ソコにあるものは勝手に取っていいんだよ」って教えてるよね?

恐ろしくなった瞬間でした。同じ学校で同じクラスになるし・・・。本当に嫌だな。


落ちてる中、なんとか無事に誕生会が終わって、みんなにも楽しんでもらえて
(?もらえましたでしょうか?)安堵してた最後にこんなシーンを見せられて、
本当に本当に本当に~~~~縁を切りたいっ!っと思ってしまったのでした。


「エリママ親子に会いたい!」っと言っていた私のお友達のみなさん、
昨日の誕生会でお会いできた方々、たったの一時間でしたけどわかりました???
んん~一時間じゃ難しいよね(苦笑)?

今度は東北で大地震

今日の午後起きた東北の太平洋側での大地震、
わたくし、東北出身なものでご心配してくださってメール等
たくさん頂きました。ありがとうございます。

実家の方は発生時からすぐ、停電になっていて、
テレビも見れず、情報がなかったようで、当初は
NZから電話で情報を入れてました。
でも、NZ時間9時頃から電話も通じなくなってしまいました。
携帯のメールもだいぶ反応が遅かったようですが、
なんとかやりとりはできるようになった感じです。

実家の方は震度5弱で東京あたりと同じぐらいだったようですが、
かなり揺れたようです。
それに東北ですからまだまだ寒く、しかもよりにもよってこんな日に限って
大雪、とか・・・。

暖をとるのが大変です。

でも、無事で家にいられるだけいい方です。

仙台空港近くがご実家のお友達がいるので連絡してみたところ、
家族には連絡がいまだとれず、でも家は多分津波にあってると思う、
っとのことでした・・・・・・。

仙台空港に水、ガーーー来てた映像、見た。怖い。ウソ。Sさんの実家・・・。


被害がドンドン広がりそう。


クライストチャーチの地震の記憶もまだ新しいまま、次から次へと大地震。

地球、大丈夫なんだろうか?

一刻も早く、不明になっている方々は見つかりますように、
家へ帰れない方々は帰れますように、電気がない人たちは電気が戻りますように、
そして恐ろしい余震がおさまりますように。。。。。。

バースデーウィーク

今週末の日曜、13日はモニの記念すべき5歳の誕生日

区切りのいい数字ってこともあるけど、5歳になったらNZでは小学生になるので、
盛大にお祝いをします。


っということで、今週の月曜日は、不定期だったけど通わせてもらっていた
日本語保育室『ひまわり』の卒園の日、でした。

日本のキンディーに通算6ヶ月通ったことのあるモニには、とっても馴染みのある
メリハリのあるカリキュラムで、毎回と~~~っても楽しんでいました。
外ではいい子ブリっ子ちゃんすることが多い子なので、ひまわりさんでは
褒めてもらえることも多くて、それがさらに楽しくさせる要素、
でもあったと思います(先生や父兄の方々ありがとう。笑)。
家での悪魔ぶりが信じられないぐらいっ!

himawari

誕生会と卒園式とやってもらい、手作りのバースデークラウン・首飾り・
写真付き手形カード・卒園証書を頂いて来ました。
さすが日本人!!!!保育室!!!!
心がこもっています。

短い間でいしたがお世話になりましたっ!
次、トビでお世話になります。


そして、木曜の今日は、普段のキンディーの最終日。
5歳の誕生日の子はモーニングティー時にフルーツをご馳走するのが決まりというか、
そんな感じなようで、朝から約40人分のフルーツプラッター5皿を持って行って来ました。
それから、キンディーに寄付する本とボールも。

bd-5

モーニングティータイムの前に歌を歌ってくれたり、
2年間のファイルをみんなで見ながら思い出話をしたりしてくれました。


さて、数人のお友達から、「モニやん、泣くで」って言われていたんだけど、
いやいやいやいや、トビがうろちょろウルサクて、そんな余裕ないかも~、
なんて思っていたんだけど・・・・・・

モニと一番仲良くしてくれているアディソンのママが残ってくれていて、
アディソンがモニカがいなくなるってわかってきてて今週は機嫌が悪い、
来週からしばらく大変だと思う、とか言ってくれて、なんか仲良くしてもらって
ありがたいな~っとか思ってしまって号泣

先生たちも声掛けてくれて、モニカはKindでSmartでとってもいい子(ありきたりの言葉だけど)
なんて言ってくれて、「昨日は I love you alosina. I gonna miss you」ってハグしてくれたのよ。
とか言ってくれました。

別の先生も、モニカとお金を紙で作ってごっこ遊びをしていたんだけど、
そのお金をどうするの?って聞いたらクライストチャーチの困ってる人にあげるの、
って言ってて思いやりがある子なんですよ、なんて言ってくれて、
そんなのもうイエローカードだよね。

みんな私のこと放っておいて欲しかった、今日は。
お陰で朝からキンディーでボロボロ。

先生がティッシュ持って来てくれちゃって(汗)。


でもトビは機嫌悪くてタントラムおこすし泣き叫ぶし、
ちょこちょこ相手しながらも放っておいたら水かぶってズブ濡れになって
絵の具やらノリを体中につけてるし(笑)。





ってなわけで、来週月曜日から晴れて小学一年生♪
入学式も入園式のワンピースも新しいランドセル(バックパック)もなにもなく、
今まで使っていたキンディーのグッズでスタートしますが、
とりあえずとにもかくにも一年生♪

キンディーからのお友達も4~5人いるようなので
(エリと一緒のクラスらしい!!!!!ショック!!!)、
初日からドロップできそうです。あ、ちなみに、スクールビジットもありません?
しません?でした(笑)。けど、モニは大丈夫でしょー。

家から徒歩5分もかからないところなので、これから多少の雨でも歩きで登校です。
ガソリン代、節約だ(すんごい上がったよね!!!!!)。




変化

最近、いろんな変化(変更)がありました。

数年前の選挙で政党が労働党から国民党に変わったのがキッカケで、
数ヶ月前から幼児教育の予算が大幅にカットされて、その影響で、
うちのキンディーの経費も年間で20,000ドル減らされたそうです。
事務をしていたおばさんの勤務時間も週で8時間も減らされて、
ヘッドティーチャーが代わりに事務をしていたり。

うちのキンディーはフルタイム制に変更になったので、
ファンデライジングとかドネーションとかなくなっていたのですが、
それも復活することになったそうで、週5ドル、これから払わないといけない
(ドネーションだから義務じゃないけどだいたいみんな払ってるよね?)そうです。
週5ドルって安いようであなどれないよ。年間で200ドルになるからね。

年末にまた選挙があるらしいです。今度はどの政党になるのか?
評判、悪くもないから続行かなぁ~?
でも、幼児教育経費カットはイカン!!!

*****     *****     *****     *****


トビの発音が変わりました(笑)。

未だに全然しゃべれない子、なんだけど、今までは「ママ」「ダダ」「ワンワン」
とか、同じ言葉を2つ言うだけ、だったんだけど、「マミー」「ダディー」
っと言えるようになりました。

早くもっとしゃべれるようにならないかな~。
1歳児の話し方って異常にかわいいからね


そんなトビ、兄弟といえど、姉、モニとは違うところ多々。
モニはどちらかというとボーイッシュで、攻撃的で、1歳半~2歳半ぐらいまでは
体張って友達と喧嘩してたっけ。お友達をプッシュしたり噛み付いたり髪の毛引っ張ったり。

でもトビはあんまりそういうことしないみたい(これから?(汗))。

人形の赤ちゃんを見つけると抱っこしてかわいいかわいいしてあげたり(モニはしなかった)、
お花を見つけると摘んで私にくれたり(モニはつい最近やっとするようになった)、
優しい気持ちがモニより多い気がする。

声が大きくて、泣きたいときは泣くしタントラム(かんしゃく)も始ったんだけど、
でもモニの同時期より穏やかで扱いやすいです。

背がモニより相当高いので、モニができなかったことを余裕でやってくれたり
するのは困るけどね(笑)。


そんな風に言うとモ二がどんだけ悪党なんだ?!って話になるけど(笑)、
そんなモニもかわいいところ、あります。


先日、私と旦那が喧嘩してるときに、

「No no no~!You guys are noguhty!」

とか言って仲裁に入って来た


でもそんなことでは止まらない夫婦喧嘩。


私もよく手なずけたもんで、言いたいこと言って場を離れたらモニが、


「モニカ、言って来る!」って張り切って旦那のところに行き、

「Mummy was just kind to you! You are always just nusty!」


って言ってた(爆)。使える~~~、ムスメよ~~~。




それから先日は、モニも大きくなったら赤ちゃんを産むって話が始って、

「誰との赤ちゃんを産むの?」

っと聞いてみたら、

「え?トビーでしょう?だってファミリーじゃん。
モニカは女の子だし、トビーは男の子だから大きくなったら
モニカがトビーの赤ちゃん産むんだよっ!」


素直に受け取ると怖い話だけど、メッチャかわいいな~っと久しぶりに、

そう!!!久しぶりに思った瞬間でした。




もう~~最近、あいつ、ずううううううううっとしゃべってるし、悪さばかりするし、
言い訳するし、最後にかわいいって思ったのいつだっけ?って感じなの。

それに比べてトビはまだまだ赤ちゃんでかわいいよな~。
大きくなったとは言え、小さいしね。抱っこ、できるモン。
肌もフワフワだし、まだそんなに抵抗しないしね、無理にチューしても^^

男の子を授かって最初は抵抗あったけど、一年かかってようやく
かわいいっと思えるようになりました。
男の子はアホっぽくて単純で、そういうところがかわいいよね。


載せたい写真があったんだけど、旦那がなんかおかしいことして
PCの調子が悪い!こいつもアホだけど、かわいくないアホやわっ!!!!



あともっと変化、あったんだけど、書いてるうちに忘れたわ。
まったね~~~。
FC2カウンター
いくつになったの

カレンダー
02 | 2011/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

モニやん

Author:モニやん
40代中盤の旦那
40代突入のモニやん

不妊治療の末、2006年3月13日に第一子の女の子(モニ子)、
2009年8月18日に第二子の男の子(トビ)を授かりました。

子育て日記+NZのことなんかをちょこちょこ書いています。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。