スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お盆のころのできごと(遡ります)

お盆のころ、使わせてもらっていた兄のPCが壊れていてブログに記録できなかったので
今ごろですが遡って書きます。スルーして下さい。

8月11日は甥っ子の9歳の誕生日でした。
私の中学のときの同級生がパティシエになって地元に戻り、
ケーキ屋さんを経営しているので、毎年そこからキャラクターのケーキを作ってもらってるそうです。
今年は「ピカチュー」のデザインのケーキを作ってもらったようでした。
記憶にある方もいるかと思いますが、私がモニさんに作ってやったキティーちゃんの
ケーキとはもちろん!!比べ物にもならないぐらい素敵&おいしいケーキでした!

pp3


8月13日、お墓参りに行きました。
「その頃は出産して入院中なんだろうな?」なんて思っていて、
約10年ぶりの日本で迎えるお盆、残念だけどお寺に行けないな、
なんって予想してたんだけど、普通~~~に行きました。
またこの先いつお墓参りなんてできるのかどうかわからないのでとっても貴重なこと、となりました。
モニさんは意味が当然わからず、なにかイベントごと?みたいに楽しんでいて、
「楽しかったねぇ~。また明日来ようね。」
って言ってました^^

pp5

pp6

pp7

pp4
お餅をつきました



大きなお腹。
考えたらがむしゃらに毎日を過ごしていて、大きなお腹の写真を撮っていませんでした。
ちょっとグロイですが記念に。


pp1

pp2

スポンサーサイト

出産あたりの記録

トビ助の出産のことを記憶があるうちに記録として残しておくことにしました。
いつものようにクドイ私のことなので話が長くなります・・・。


今回の出産は二人目だし異常に大きく膨らんだお腹、なんてこともあり、
予定日より1~2週間は早く生まれてくるんじゃないかな?と勝手に予想していたんですが、
何事もなく予定日の8月16日(日)を迎えました。
予定日が同じだった横浜に住んでいる2つ下の医者をしているイトコは、
律儀に予定日当日の早朝に元気な男の子を出産しました。ん~~羨ましい。

次の日の17日(月)、いよいよ予定日も過ぎたし、もういつ生まれても問題はないので、
早速姉に陣痛を促すツボ、をマッサージしてもらいました。
その直後からいつもと違った腹痛が現れ始めました。でも陣痛とはちょっと違うような?

その日の夜、モニさんがやっと寝静まった頃、21時14分、最初の陣痛が来ました。
(でもその時点では陣痛なのかなんでもない腹痛なのかはわからなかったけど)
5分間隔でまた来たり、30分何事もなかったり、っと不規則だったので、
とりあえずしばらく時計と睨めっこをしながら様子を見ることに。

22時30分。「もうこれは陣痛だ」っと確信。でもまだ間隔は平均15分間隔でまだマチマチ。
病院に持って行く最終的な細かいものをバッグに準備する。
母屋のみんなはもう熟睡。

24時30分。間隔が10~15分間隔で確定してきたので母を起こし、病院に電話する。

24時50分。病院に着く。夜中の入院なので1階で警備員さんに入館書にサインをさせられる。
「ローマ字の苗字に漢字の名前」を記入すると、「うん、上手上手」っと誉められる。
やっぱりガイジンに間違えられる。まだ笑える余裕あり。

1時。陣痛室に通される。トイレに行ったらおしるしが。
助産婦さんに内診してもらう。まだぜんぜん2~3センチしか子宮口が開いていないらしい。
モニさんのときは2~3センチ開くまで8時間もかかったんだけど、今回は3時間。
でも・・・・
2人目3人目を生んだ周りのお友達のほとんどは2~3時間で出産されていたので、
「え????もう3時間経ったのに2~3センチなの???」
っとショック。
でも陣痛はぜんぜん耐えられるぐらいなのでしょうがないかな。

2時。3時。4時。
間隔が5分に縮まるもまだ余裕があり、
悠長に母とテレビで「ベルリン世界陸上」を堪能する。
(いや~~、日本語でこういうスポーツものを見るっていうのすんごい久しぶりだったし、
考えなくても言葉が耳に入ってくるわ、情報が満載だわで
この世界陸上はこの後の入院生活中もものすごい娯楽として私を楽しませてくれました。
しかも早朝5時ぐらいまで毎日やってたし!)

5時。いよいよ陣痛も本格的に!
まだ3~5分間隔ではあるけれど、「痛い~!」っと言わないと乗り越せないぐらいの痛みに!
それでもまだ子宮口は3~4センチ!どんだけ硬い子宮!!
姉がいればまたツボをマッサージしてもらえたんだけど、早朝なのでお願いできなかったのが残念!

6時。まだ5センチぐらいなんだけど、痛みが相当進んで来てるので、
隣の部屋の分娩室に歩いて移動。

6時半。
お医者さん登場。
痛みは強いけど、まだ子宮口が開ききってないので、ってことでまた陣痛室に戻される。
「他に使う人がいるわけでもないんだし、もうここに来たんだから動かさなくてもいいじゃん!」
って思いつつも、もう話す気力なんかないので動かされるままに従う。

7時。痛みがもう最高潮!
助産婦さんに「ヒィヒィ、フゥ~って息吐いて」って何度も言われるんだけど、
息なんか吐けないんだよね。
「できなぁ~~~~い!」
「もう止めますぅ~~~~~~!」(出産をね(汗)。無理とわかっていながらも3回言いました)

7時30分。
やっとお医者に分娩台に上がっていいと許可が。
ベッドから両脇を抱えられて立ち上がろうとしたとたんに破水。
「痛い~!もう出る~!」っと叫びながら分娩台に上がる。

上がったとたん、ものすごい吐き気がして雄たけびを上げ、一瞬、気を失う。
その瞬間、目が白目むいたの自分でなんとなくわかって気持ち悪かった。
多分、すごい一瞬のことだったみたいで、その後助産婦さんたち(2人+医者1人)が
テキパキと準備を始めてるのが目の隅に入る。
そしていよいよイキミ。
アゴを引けだの、腹を見ろ、だの、つかんでいる手すりを押すようにだの、
お尻を突き出せだの、ウンチするようにふんばれだの言われたんだけど、
もう何がなんだか何一つできない感じで、ただ吼える吼える吼える!「ウォ~!」っとかそんな感じ。
4回目、5回目のとき、お医者さんが腕で腹の上部を押してくれると、
赤ちゃんの頭が出てきた模様。

そのときに廊下に出て待っていた母、私の雄たけびを聞いてるのに耐えられず
分娩室に入って来て、「もう切ってやってください」
っとお願いする
でも助産婦さんに「もう出てますよ~」っと言われ、その後しばらく母は立ち会って観察することに。
人の生分娩なんて見たことなかったようなので、これもまた母にとってはいい経験になったのでは?

さて、赤ちゃん。
いったん頭が出て来たらもうイキマなくていいんですね。
あとはズリズリっとゆっくり一人でに出てきました。
まだ足は出てないんじゃないの?ってぐらいのときにもう元気な産声を上げました。
「出てくるわよ~!見てて!」
って何度か言われたんだけど、もうね、そんな気力ないのよね。
「男の子よ~」っと遠くの方から聞こえてきたのは覚えてます。

その後は後産、胎盤がズルリと出てきて、裂けそうになったから切った(感覚はあったけど、
そんな痛みなんか陣痛に比べればなんてことなかった!)っていうところを縫ってもらって、
全てテキパキと仕事が進む。
んん~~さすが日本!

モニさんのときはここで新米のインド人女性医者が縫ってくれたんだけど、
新米だけに30~45分も縫うのに時間がかかって、しまいには5日経っても痛くて椅子に座れず
助産婦さんに見てもらったら溶けるハズの糸が外に出て来てるからってことでソレを抜糸することに。
分娩が無痛だったので最高潮の痛みを知らない出産だったから、
モニさんのときの出産で一番痛かったこと、っと言ったらこの抜糸、がそうでした。

その後、2時間ほど分娩室で横になって、赤ちゃんを抱っこしたり、おっぱい吸わせたり、
その間に父とモニさんが面会に来てくれたり。
赤ちゃんは指というか手というかをチュバチュバすでに吸っていたので、
おっぱいもすぐ吸ってくれました、が、マッサージをぜんぜんやってなかったので、
お乳は出ず、この後苦しむことに・・・。

ともかく、

2009年8月18日(火) 午前7時46分(NZ時間10時46分)
3408g 51.5cm
Toby君

誕生しました


10時。病室に。
前日から促進剤を使って出産を待っている中学・高校の同級生のKちゃんと同室、隣のベッドに。
ちなみに彼女は3人目なので陣痛が始まってすぐにスルリと出産、
産後もスタスタ歩いて「生まれたよ~」っと病室に戻ってきて、
おっぱいもすぐガンガン出て赤ちゃんもお腹いっぱいだからスヤスヤ寝るしで、
もう本当に健康な妊婦さん&赤ちゃん、でした。アッパレ!


・・・時間がなくなりました。
とりあえず写真だけ載せます。つづく!


pp8

pp9

pp10

今日は9月25日。
一ヶ月と一週間が過ぎてからになりますが、追記記録します。

今回のこの病院では問題のない私は6泊でした。
最初の3泊はツワリがヒドクで入院してる人との3人部屋。
初日と2日目は夜は夜勤の看護婦さんにトビ助の面倒をバトンタッチしました。
だって2日間寝てなかったもので・・・。
こういう要望に柔軟に対応してくれる病院でとっても助かりました。
母乳を推奨してる病院ではあったけど、これも柔軟。
粉をあげたい人はあげてもいいわよ、って言った感じ。
だから私は今回は気負わず、「夜は寝たいから」っと面倒をお願いし、粉を何回かあげてもらいました。
そのせいかどうかはわからないけど、1ヶ月経った今、
99%母乳だけど時々の私のお出かけ時、家で留守番してるトビ助、
嫌がらずに粉も飲んでくれる様子です。
これからもたま~~に粉を続けたいな。私が病気になったときとか助かるしね!

そして後半の3泊。
出産した妊婦さんだけの部屋に。
またしても廊下側のベッドで景色も見えず、ちょっと凹み気味。
エレベーターホールまで出向いて時々外の景色を見に逃亡することも。
2人目3人目出産っと人数が増えるごとに重くなるという後陣痛も、
3日後ぐらいにはほぼなくなりました(が!しっかし痛かった!出産後にまた
こんな痛みがあるとは知りませんでした!)。
最終日、やっと空いた窓側のベッドに移動させてもらい、ちょっと広めの空間を楽しみました♪
しかし相変わらず向かいのベッドの中国人の方のいびきには悩まされましたが(笑)。

入院中の痛み。
上記の後陣痛、おっぱいがうまくまだ出ないのにトビ助の吸引力が強すぎて、
乳首が切れ出血までしてしまいました。この痛み。そしてキバルのがこわくてなった便秘。
乳首は産後2週間ぐらいまで痛かったですが、いずれも退院時ぐらいにはほぼ完治。
未だに残ってるのは尾てい骨の痛みです。
これは続く人結構いるみたいです。出産でずれたりゆがんだ後遺症のようです。
早く治るといいな。





生まれました♪

先週の火曜、8月18日の午前7時46分に、元気な男の子を出産しました。

予定日(16日)を一日過ぎた17日に、姉のサロンに行き、
出産を促すツボのマッサージをしてもらいました。
その直後からいつもと違った腹痛が始まり、
夜の10時から15分間隔の本物の陣痛が始まりました。
夜の1時に病院に行き、10時間格闘の末、
病院が揺れそうな獣のような雄たけびを上げながらも無事、
自然分娩を味わいました。超のつく自然分娩です。ペインキラー一切なし!
このヘタレの私が・・・・・・・・・。

正直、ナメてました。

ほんと、死ぬかと思ったです。
あと5分痛みが続いたらもう「殺して下さい!」と言おうと決心した矢先に
出てきてくれました。


なにはともあれ、今日は写真もアップできないので、手短なご報告だけで失礼します。

名前はTobyです。トビ助です。トビ職人です。
これからしばしば登場すると思いますが、どうぞよろしくです。

想定外!

使わせてもらっている兄のPCの調子が悪く、ここのところメールも確認できないでいます。
ので、今日は姉のお店のPCを使わせてもらっています。


「もしかしてモニやん、赤ちゃん生まれちゃった?」

なんてお気遣いのメールをくれていたお友達の方々、連絡できませんで申し訳ないです!
そして個々にお返事できなくてすみません
まだまだ~~~~生まれていませんっ!!

いや~しっかし、想定外過ぎて困っています。

「二人目だし、こんなに大きくなったし、2週間ぐらい早めに生まれるだろう」

なんて安易に予想していて、帰りの航空券も予定日から7週間後でスッカリ手配済みなんだけど・・・

入院で・・・1週間
退院してすぐ出生届けを出して戸籍抄本を取り、そしてパスポートの申請・・・2週間
片道航空券でNZに入国するためのビザの申請・・・3週間

これだけで最短でも6週間日数が必要なので、モタモタしてる場合じゃないのに、
まぁ~~~~今回の赤ちゃんもゆったりしたものです。
でもさすがにここは日本、モニさんのときのように「予定日から16日後まで待って出産」
なんてことはないと思うので、遅くても来週中には出してもらえるとは思うんですが・・・。


っと、そんな中、モニさんの通っている幼稚園が今週から完全にお休みになりました。
この2週間も休み、だったんだけど、希望者にだけ午前中、プールを開放してくれていました。
無料、しかも、自宅までのバスでの送迎付き。なぁ~んて素晴らしい♪
もちろん参加していたのですが、そのサービスも終わり、
毎日何をして時間をつぶせばいいのやら・・???

ところが、少子化日本だからか逆にいろいろ子育てに関しての町のサポートが意外と盛んで、
いろんなところでいろんな催し物をしています。

無料で遊べる施設がチョコチョコあるので、毎日通い詰めています。
夏休み中なので、高校生の子達がボランティアで遊び相手に来てくれていたりして、
モニさんも毎日楽しそうに通っています。

don2
高校生のお姉さんたちが紙芝居や本を読んでくれます


don1

don3
「かもめかもめ」や「じゃんけん」も覚えました(ちょっと怪しいけど)

don5
 
don6
図書館に行ってもいろいろやっています。
日本では「エプロンシアター」というものが流行ってるようです。
これは「ジャックと豆の木」のエプロンシアター。
ポケットの中からいろんなものが出てきて物語が続きます。


*****     *****     *****

私の今の唯一の楽しみ。

週に一回、姉のサロンに通い、マッサージとレイキをしてもらうこと。
デブを維持するのは大変体に負担がかかるので、体中が凝っています。
それをモミモミしてもらい、そして、気を送ってもらいます。
優雅なひとときです

don4
産後も通えるかな?


しっかし、想定外の赤ちゃんの進み具合。
まだ体重は2900gもありません!!
骨盤に入ってもいません!!
グリグリ胎動あります!!

気長に待つしかないんでしょうね。
また来週も悠長にこうやってブログ書いてたりして

最後に、ちょこちょここの場でも愚痴っていた旦那のお店、ですが、
チキン屋の方が無事、7月末で売れました!
そもそも安く買って高く売る、という予定で始めた商売、ではありましたが、
思いのほかハズレだったのと、この不景気、
もうどうでもいいから手放したい、とやっきになっていた時期もあったにしては
最低限よりは高く片付きました。
いろいろ心配してくれて励ましてくださったお友達の方々、ありがとう!

日本式BBQ

昨日の日曜日の夕方、家族でBBQをしました。

どうやら今の私の体は、気温30度を超えると寝たきり老人になるらしく、
昨日はほとんど一日寝込んでいたのですが、夕方になってから、
お肉の匂いに釣られてやっと起き上がりました(食欲だけはあります!)。

本当にこの湿気、肺が重くなって呼吸が苦しいんです~。
20キロ近く太ってしまったのでちょうど私にはいいのでしょうが、
先週の妊婦検診では、赤ちゃんは成長していたけど、
私の体重は減ってしまってました。喜んでいいのやら??いいんだね、きっと^^
ちなみに赤ちゃんの成長もちょっとゆっくりになってしまっていて、
まだ2800gです。こりゃ4キロ覚悟!なんて言ってたけど意外とこじんまりとした子が
出てくるかな?それともモニさんのときみたいに予定日をはるかに遅れて出て来るか??

BBB1
国が変わってもBBQの仕事は男の仕事。
父と兄と甥が頑張ってくれました。


BBB3
お隣のおじさん。父のイトコです。これまた焼き方に徹してくれました。

BBB5

お隣さん一家3人もご招待して14人で始めましたが、
そのまた隣の家の子供やら、その裏の家の子供やらが寄って来て、
最終的にはすごい人数で大騒ぎ。

モニさんは食べることには興味がないのであっち行ったりこっち行ったり、
結局ほとんど食べずに騒ぎまくっただけだったけど、日本のBBQもかなり楽しんだみたいでした。

BBB4 BBB2

夏のBBQと言えばキンキンに冷えたビール
アルコールの飲めない子供たちと妊婦の私に、兄夫婦がこんなものを準備してくれました。

最近の日本は、と~っても飲酒運転に厳しいので、
アルコールゼロのビールとかいろんな会社から出てるみたいですけど、
このキリンのはかなりおいしかったです!
っというか、味はもう本物のビール!言われないで飲んでいたら気がつかないし、
シッカリ酔っ払えそうでした。


さてと、週明け、しかも月末明け。
仕事が山のようにあります。
スタッフのお給料計算、請求書作成、所得税の計算・・・・・・

モニさんが帰ってくるまでに急いで終わしてしまいましょう!

みなさんもお仕事、家事、子育て、勉学、今週も一週間頑張ってくださいね!!


FC2カウンター
いくつになったの

カレンダー
07 | 2009/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

モニやん

Author:モニやん
40代中盤の旦那
40代突入のモニやん

不妊治療の末、2006年3月13日に第一子の女の子(モニ子)、
2009年8月18日に第二子の男の子(トビ)を授かりました。

子育て日記+NZのことなんかをちょこちょこ書いています。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。