スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

間に合った!!

気がつけば明日はもう3月。ひな祭りの季節ではありませんかぁ!

今年もモタモタとしちょりまして、やっと昨日、ひな人形を出しました。
ついでに、何度か登場している、『誕生こけし』も隣に。
モニさんが生まれた時の身長(53cm)と体重(3650g)の、実物の大きさ&重さのこけしです。

22
もう倍近くの身長になったんだね~

うちの実家はひな祭りで有名な町です。
道路を閉鎖して3日間、出店が出たりします。
懐かしいなぁ~。もう20年は行ってないなぁ~~~~。
このひな人形はおじぃちゃんが気合を入れて産後すぐ、
女の子が生まれたことを確認して送ってくれた、蚕からできたひな人形です。

そして「こけし」。これもまたうちの県の特産でもあります。
その昔、「おしん」というNHKドラマがあったんですけどその地域あたりらしいです。
あまり実家の方を知らなくてあやふやですが(苦笑)。


ってことで、郷土つながりでもう一丁。

24

じゃぁ~~~~ん。
うちの実家の方は蕎麦も有名です。
とくにうちの町ではこの「肉そば」が有名。
噛み応えのある固い親鳥が乗かった、珍しい冷たいスープのどんぶりの蕎麦です。
しかもこの発案者はなんと!うちのおじいちゃんの弟なんですよ~。
テレビにも出たこともあったりします(もう亡くなったけど)。

今回は、日清さんと地元のスーパーが提携して開発し、
期間限定で発売されたそうです。

こんなかさばるカップラーメンを娘に食べさせたい一心で母は6つも送ってくれました
しかし、、、、残念ながら想像していた味とは遠く。。。。。。。。
母に感想を言うべきかどうか?????

スポンサーサイト

世界は狭い!

水曜日は素敵な出会いがありました。
話せば長い。


えっと、10年ほど前、日本を出る直前、2年ほど私は仙台に住んでいたのですが、
その時に一緒に働いていた友達が、スペイン人の旦那さんと結婚しスペインに嫁ぎました。
その友達がスペインで日本語の家庭教師をしています。
その生徒さんの一人がこの度NZに旅行に来る、っということで会う事になりました。

この方、Janetっとおっしゃる方なんですが、お孫さんもいるイギリス人のおばぁちゃんで、
一人の息子さんは日本に(日本人の方と結婚してお子さんもいらっしゃるそうです)、
そしてもう一人の息子さんはNZのウェリントンに住んでいる、ということで、
今回、スペイン→日本→オーストラリア→NZ→イギリス→スペインっと、
世界をほぼ一周って感じの旅行を半年ぐらいかけて一人で周ってるそうです。


残念ながら当日、私はお昼に仕事がちょっとあったので一緒に観光はあんまりできませんでしたが、
とりあえずオークランドではかわいくてきれいな街並みって言ったらパーネルかな~?
っと思い、美術館を一人で観光したJanetをピックしてパーネルへ連れて行ってあげました。

やはり、女性、お買い物が好きらしく、いろんなお店に入って、
いろいろお買い求めしておりました

とりあえず最初はシャイぶるモニさんも数分後には大声で
「Wher are you Janet~?」っと追いかけごっこを始める始末。。。。
やっぱりモニさんと一緒だとなかなかゆっくりできません。

なのでいったん宿に送り届け、また7時にピックすることに。
日本のとある宗教に属している彼女、たまたま当日の夜に集会がある、
っということを同じ宗教に属している私の友達が教えてくれたので、
そちらの場所に連れて行くことに。
私は部外者だけど、ちょっとだけ中に入れさせてもらいました。

みなさんいい方で、私たちをWelcomeしてくれましたが、
夕飯を食べないで行動していた私とモニカは腹ペコペコだったのですぐ帰ってしまいました。

2歳児連れては自由が利かなくてあんまりおもてなしできなかったし、
私もまだ体調が万全じゃないので100%じゃなかったけど、
最後にみんなが喜んでくれてる顔を見れて、
「なんか良い事したな~」っとちょっと私も幸せになりました。

親切ってやっぱり、するのもされるのも気持ちいよね~♪

ja
パーネルの公衆電話前で。
ずっとJanetと手を繋いでたモニさん。
彼女が車から降りると「No~!Don't Go~!」っと泣きじゃくりました。


子供を花粉症にしないための9か条

こんなニュースが出てました。

『子供を花粉症にしないための9か条』

生後早期にBCGを接種させる → やった!
幼児期からヨーグルトなど乳酸菌飲食物を摂取させる →アトピーだから1歳以降からだったけど。。。
小児期にはなるべく抗生物質を使わない →使ったことあるけどそんな何回もじゃなかったはず
猫、犬を家の中で飼育する →あ~、私が動物怖いからダメだなぁ~
早期に託児所などに預け、細菌感染の機会を増やす →いろんなところに行ってるから大丈夫かな?
適度に不衛生な環境を維持する →明らかに最近汚い(笑)
狭い家で、子だくさんの状態で育てる →狭いけど一人です
農家で育てる →これは無理だなぁ
手や顔を洗う回数を少なくする →多くはないと思う(笑)

それからこんな統計もあるらしい。

生後6か月以内に麻疹、抗酸菌などの感染症にかかると、アトピーになりにくい
生後3年以内に抗生物質を投与すると、花粉症や喘息の発症率が高くなる


「幼児期でアレルギー体質が決定するという仮説は正しいことが証明された。
花粉症などのアレルギー性疾患は文明病であり、
人間が物質文明を追求したために生じた免疫機能失調症だ」

っと、以上偉い先生が発表したそうです。


そうだろうねぇ~。
あんまり神経質にキレイキレイにしすぎてるのがいけないんだろうねぇ。
私も以前はわりとキレイ好きで暇ありゃ手を洗ってたし、
家の掃除もしょっちゅうしてたし、公共の物を触りたくなかったりしたけど、
ガイズィンの旦那と結婚してだいぶ大まか(?不潔(笑))になりました。
「死ぬってわけでもないし」っと。

なんかの記事で読んだこともあるんだけど、
あの人は中山美穂さんの旦那さんだったかしら?辻なんとかさん。
あの方、顔を洗わないんですって。なのですごいシワが少なくて若く見えるそうです。

さすがに化粧をする女性には無理な話だけど、
あんまりゴシゴシ洗わなくていいってことかなぁ。

モニさんの子育て(衛生面)も、そんなに神経質にならないでやっていかないとな。

あ~~どうしても食べたいあのスフレ!

最近無償に思い出す西麻布にあるスフレのお店のスフレ。

地下鉄のどの駅からも微妙な位置だけどひたすら歩いて、
もしくはチャリをこいで黙々と行ったものです。

sufu
「Le Souffle」のバニラスフレ

注文してから作ってくれるからあっつあつのが出て来るのよ。
そんでもってすぐ穴開けてソース入れて食べていかないとしぼんじゃうからね。

今度日本に帰ったら絶対食べに行きたい!!!
オレンジリキュールのスフレが忘れられないな~~~。

自分で作るしかないかな~。
でも面倒だよな~。

あ~~食べたいっ!



乗り越えました!

今日は私ごとです。って、ブログっていつもそうか



ようやく、二人目、妊娠13週に入りました。


いろいろ悩んで考えて、それでも頑張ってみようかな?っとトライしていましたが、
悲しいことにモニさんの後、2度ほど流産をしていました。

一回目は初めてのことで何がなんだかわからずのうちに時が過ぎましたが、
さすがに2回目のときは時期が大晦日から元旦にかけて入院、ということになり、
ちょっとセンチになったりしたもんです。
(一年前の大晦日です。お陰で病院の窓から初めて
ニューイヤーの花火が見れましたが。。。
インド人の看護婦さんと二人で「キレイね~」なんて言いながら。。。)



モニさんを授かる前から私は不妊症であったので、
今回もすんなりと授かることは期待していませんでしたが、
でも年が年なので毎月焦るばかり。

2度目の流産の後、すぐ段取りをとって私立の専門家に会うアポをとったりしたのですが、
なんだか気分が上がったり下がったりで、結局キャンセルしてしまい、
それから半年以上は諦めモードに入っていました。

そして9月、思いを決し、また検査から初めてみることに。
私の周りにはたくさんの経験者がいるのでいろいろアドバイスをもらい、
GP(かかりつけの医者)からFertility Service(不妊治療機関)に紹介状を送ってもらいました。

NZ在住であること(2年以上)
年齢制限(登録時、40歳未満であること)
BMIが32以下であること
過去最低3ヶ月喫煙していないこと

*BMI=体重(kg)/身長(m)2 で求められます。
 BMI指数の標準値は22.0です。
 これは統計的にみていちばん病気にかかりにくい体型で、
 標準から離れるほど有病率は高くなります。
 また、体脂肪率とも相関しています。

 18.5未満 やせ
 18.5~25未満 標準
 25~30未満 肥満
 30以上 高度肥満   だそうです。



などなどをクリアしている規制があったけど、どれも大丈夫だったので
すんなりとウェイティングリストに入れてもらえました
(が!NZではよくあること、ミスがあって一ヵ月半ほど遅れました)。

それでも4ヵ月後の今年1月14日に、ようやく予約が取れました。
今回は妊娠はできていたけど維持ができない、ということから、
流産を何度も経験している友達の話からしても、恐らく私もすぐ
体外受精を受けることになるのだろう、っと覚悟&期待していました。

しかし、その予約の日にちが決まる直前の12月初め、自然妊娠が発覚したのです。


前2回の流産とも初期の6週のときの不幸でした。
いろいろ検査もしてもらったけど、流産の原因ってわからないんですってね。
でも私の場合は年齢(卵子の質の低下)が一番の原因、
そして免疫、抗体力が下がってること、血流の悪さ、も原因の一つらしかったです。

「医療に頼ればどうにかなる!」
っと他力本願ばかりではさすがの私も引けを感じるので(笑)、
自分でも体質改善をちょっと心がけました。

まず、増えた体重も気になっていたので、早朝にジョギングを始めたり。
汗をかくっていいですね。すぐに体調がよくなるのがわかりました
(ちなみにもうやってませんよ(笑))。

それから、毎度の貧血を改善すべく、友達に教えてもらった「Molasses」っていう、
さとうきびから砂糖を作る段階で出て来る甘苦い黒い液体、
を毎日飲んだり(お陰で先日の貧血検査、10年以上ぶりに快調でした!)。

大豆系はホルモンにいいので、納豆やお味噌、豆腐をガンガン食べたり。

GPに薦められたアスピリンを毎日飲み続けたり(血流をよくするそうです。
大量を飲み続けると胃潰瘍になるそうですが、少量なら妊婦でも飲み続けても大丈夫だそうです。
お年寄りなんかは脳溢血とか心臓発作の予防に常飲している人が多いらしいです)。



そんな努力も実ったのか、神様が微笑んでくれたのか。


私にとっての「魔の6週」。
ツワリは毎度始るのが早い上にヒドイ体質の私なのですが、
ツワリがあるのはまだ妊娠している証拠。
毎日朝起きては「今、気分悪い?」と確認し、
トイレに行っては「出血してない?」と確認し、
10日に一度は妊娠検査薬でまだ妊娠していることを確認し、
それは忙しい13週でした(笑)。


長くなりましたが、ようやく先週、12週の超音波検査で、
胎盤もできあがってること(ちょっと下の方にあるようですが、
現段階では問題ないそうです)、そして心音も確認されたということで、
初期の流産の心配はほどんとない、という嬉しいニュースが聞けました。

予定日は8月17日。
私とモニさんが親子で仲良くしてもらっているお友達と約3ヶ月違いの予定日、
NZでの古~~い友達とほんの1週間違いの予定日、
11月に結婚した日本のイトコとたった一日違いの予定日、
なんだかかワクワクして来ました。


いろいろ不安材料はた~~~~~~っくさんあるけど、
今回は大丈夫な気がする!頑張るぞ!

Glenbrook Vintage Railway

3連休最終日の今日、蒸気機関車に乗って来ました。

本当はPanmura(車で20分ぐらい)ってところにあるミニチュアの蒸気機関車に乗りに行こう!
っと家を10時に出発したのですが、午後1時からスタートということで、時間がまだまだあったので、
またさらにそこから車で30分ぐらいのファームの果てにある田舎街の蒸気機関車へと目的地変更。

そしたらたまたま連休ということで、年に一度のカントリーフェステバルというものもやってました。
普段は蒸気機関車しか乗れないらしいのですが、今日はトラクターライドやビンテージバスライド、
ミニチュアトレインライドなどなど、沢山のアトラクションがありました。

gl3
せっかく遠いところまで行ったので、本格的な機関車に乗りました

大人一人14ドル。所要時間45分。
んん~~~主婦の私には「高い!」だったんだけど、モニさん(は、もちろん無料)も
旦那も乗りたくてしょうがなかったので勇気を振り絞って乗りました。
結局乗ったもん勝ちで、結構私も楽しめたかも。

gl1
すごいヴィンテージな内装

gl2
車掌さんに切符を切ってもらいました

gl4
途中、こういう倉庫で止まってくれて見学させてくれました。
すごいマニアなおっさん達が真剣に写真を撮ってました。


gl5

gl6

gl7
でもやっぱりモニさんにとっての今日のハイライトは、フェイスペインティング。
蝶々風タイガ~!ガオ~~ッ!!

Lantern Festival(ランタンファステバル)

6日の金曜、今日はこちらはWaitangi Day(ワイタンギデー)と言って祝日です。
この3連休、オークランドではLantern Festivalが行われています。
Lantern=ちょうちんです。中国のお祭りです。

アジア系の出店はもちろん、その名の通り、沢山のちょうちんが飾り付けられていました。
去年はあいにくの嵐で中止になったそうで、旦那の友達で出店を出す予定だった人の話だと、
8000ドル使って準備したのに4000ドル無駄にしたそうです。
彼は今年も出店していたので挨拶に伺ったのですが、今年は天気にも恵まれ、
シッチャカメッチャカ大変そうで、品切れになっていたので買えませんでしたが、
それだけ繁盛していた、ということで、目出度いことです!去年のリベンジ!!

la1

la2

la7

la8

la9

la4

la6

la3

8時でもまだ明るいオークランド。
8時半ぐらいまで粘りましたがまだまだ明るく、人も増えて来たので帰ることに。
暗くなってから見たらもっともっとキレイなんだろうな~。
モニさんも一生懸命歩いていろんなもの見たりして楽しんでましたが、
やっぱりモニさんにとっての一番のハイライトは↑この乗り物、でした。


第一弾 キャンプ

年末のクリスマスホリデー中にキャンプに行く予定でしたが、
天気のタイミングを逃してしまって今期はまだ一度も行っていませんでした。

まだ世間はスクールホリデー(夏休み)中なので、混んでるかな~?っと不安でしたが、
連休の合い間(先週末と来週末は3連休なんです)の普通の週末ならまだ大丈夫かな?
ってことで、去年に引き続き、友達(旦那の)が滞在しているキャンプ場に2泊で行って来ました。

車で2時間ちょっとのWaihi(ワイヒ)Beachというところです。

いつものごとく、旦那は自由にサーフィンに行ったりしてしまうことが多くて
結局私がモニさんの面倒を見てる時間が長かったりと、
大変な面も多かったけど、気軽にビーチに行ったり来たりできること、
広い敷地で走り回れること、他の大人や子供たちと絡んで遊べること、
いろいろとモニさんにとっては満喫できることが多くて
無理しても連れて来てよかったな~って思いました。

ca15
何万回と波とたわむれました

ブギボーも楽しんだんだけど、写真がありません(涙)。
あ~、もう!自分だけサーフィン楽しんでないて、
モニさんの相手したり写真撮ってくれればいいのに!
プンプン!!

ca13
Tuatua。日本語でなんだろう?ハマグリ?

夕方、潮干狩りに行きました。
・・・のは、私とモニさんを除いてのみなさん(涙)。
またしても、深いところまで入らないといけないから危ないので、
ってことで、私たちは置いていかれました。
ってか、私が行ってみたかったのに~!

ca14

一晩水につけたTuatuaをフリッターにして昼食に食べました。
ま、おいしかったから潮干狩りはいっか。

旦那の友達なんで、平均年齢46歳ぐらい(大汗)。
でもこのおばちゃんも含め、みんなサーファーです。

ca12
ジャンピングピロー、飛びまくり

ca11
そして夜は2段ベッドの上の角で寝る!

っと、朝まで寝てくれればいいんだけど、モニさんは両親に似て神経質なところがあるので、
夜は何度も起きてしまいました。
お陰で私は2日間で4時間しか寝ていません

なので今日は寝ま~~す。
FC2カウンター
いくつになったの

カレンダー
01 | 2009/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
プロフィール

モニやん

Author:モニやん
40代中盤の旦那
40代突入のモニやん

不妊治療の末、2006年3月13日に第一子の女の子(モニ子)、
2009年8月18日に第二子の男の子(トビ)を授かりました。

子育て日記+NZのことなんかをちょこちょこ書いています。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。