スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オークランドマラソン

昨日の日曜はオークランドマラソンの日でした。
もちろん自分で走るのは嫌ですが、結構見るのは好きだったりします。
ぷらす、友達のブランドンが今年は走る、と聞いたので朝から応援に行きました。

36キロ地点で応援しました。
雨はまだ降ってません(午後から降った)でしたが風が強くて、ランナーの皆さんは大変だったと思います。

177
夫婦愛
奥さんがエネルギードリンクとバナナの差し入れをしていました。
旦那も応援しながら彼と一緒に3キロ走りました。

この大会はわりと正統派らしく、なんと世界37カ国から参加者が集まったそうです。

175
こちらはデンマークのお方。
あ、でも歩いちゃってます
しかもカメラ目線だし。

176
こんなんなっておチャラケてる人も数人いました。
これで42.195キロ走るのは普通の人の何倍も大変だと思います。

でも、今日の新聞を見たら、このハートのかぶりもので走っていた人は、心臓病のチェリティーのために走っていたそうです。完走したので2800ドルチェリティーができたそうです。
その他にも、Cystic Fibrosis(膿胞性線維症)、モニさんがキャリアの遺伝病ですが、そのチェリティーで走っておられる方もいらっしゃいました。


そのほかにも、日本人の方もチラホラ。きっとマラソンツアーかなんかで参加してたのでしょうか?

のハッピを着て走っておられるおじいちゃんもいました。そう、わりとみなさん高齢でビックリ、そして尊敬してしまいました。

「頑張って下さい」

とあきらかに日本人とわかるお方が目の前を走ると声援をかけていましたが、みなさんNZで日本語で応援されるとは思ってなかったみたいで、一瞬ビクッとされて、数秒置いてから反応がありました。
最後のゴールは見れませんでしたが、皆さん完走されてるといいです。
お疲れ様でした。
スポンサーサイト

ワタシ ニホンジンデスカラ

ご心配を頂いております花粉症ですが、こちらNZは昨日、今日と雨が降っておりまして、そうすると花粉も飛ばないみたいでかなりマシです。
普段は雨降っちゃうと気が滅入ってしまいますが、最近は雨を待つ身です。

そんな中、昨日は早くもクリスマスショッピングに近くのモールへ出かけました。
172ジングルベ~ルジングルベ~ル

さて、そのモールで親子3人歩いているとき、ある女性(ガイジンさん)が近づいて来て話しかけて来ました。

女性:「あら~!赤ちゃん、かわいいわね~。名前はなんて言うの?」←英語
私:「モニカです。」←英語
女性:「あら、Japaneseみたいな名前ねぇ。」←英語

えええ??そう??日本の名前で”モニカ”って、あるか??
まあいいや、こう言っておこう。

私:「私、Japanから来たんです。」←英語
女性:「アラ!ワタシニホンジンデスカラ!」←日本語
   

うっそだぁ~~~!絶対、うっそ~!

嘘をついていたわけじゃなくて、間違っただけだと思います。
「ワタシ ニホンニスンデイタコトアリマス」
の。

多分、歩いている私の姿を見て、絶対日本人だと思ったんでしょう。
日本語が話したくなって、赤ちゃんをネタに近づいてきて話しかけてきたみたいでした。
「カワイイネェ~」
「ナンサイナノ?」
などなど、いろいろ日本語話してました。そして旦那に、

女性:「アナタハ ニホンゴ ハナセマスカ?」←日本語

って聞いてました喧嘩売ってるし。



話は変わって、今朝早朝7時半、無事、モニさんのNZパスポートが届きましたぁ~
先日の日記にも書いたのですが、アンクルカールに保証人のサインをお願いしていたのですが、彼ったら彼のパスポートの番号を書く欄に、間違って古い期限が切れたパスポートの番号(NZはパスポートを更新した際、引き続き同じ番号をもらえるのではなくて、新たに新しい番号に変わるらいしです)を記入していたみたいで、返送されてきてたんです。
なので慌てて再度、彼にお願いしに行こうと思っていたら、仕事が忙しくなったみたいでなかなか会うことができません!あら、どうしよう?ってことで、しょうがないから今度はアンクルマイケルにお願いして再度申請しました。
数週間は余裕を持って申請していたので大丈夫とは思っていましたが、日本行きはもう3週間を切っているのでちょっとドキドキし始めていました。ホッ。

ところで、
173
こうやって勝手に一人でつかまり立ちできるようになりました。

しかし、たましろうさんに、成長する過程でハイハイすることって大事!という話を聞きました。
モニさんは後退ズリバイや仰向けズリズリはできてたんですが、なかなかハイハイはできてませんでした。
でもまだ焦るときではなかったんであんまり気にしてなかったのですが、先に立ってしまうとハイハイしなくなる?可能性もある?

なにせ、お座りが寝返りより先にできてしまったモニさん、結局寝返りはまだ一回しかやってませんし。
寝返りはしなくても問題ないそうですが、ハイハイは、して欲しいものです。

と思っていたところ、昨晩から、ゆっくり、しかも休み休みですが前に進むようになりました

174
こうやっておもちゃ箱まで近づいて行って
ひっくり返したりしてました。驚いちゃいます。

本当は日本に行くまではあんまり動いて欲しくなかったんですけどね。
機内でハイハイされまくったら大変なので・・・。
どうなるんでしょうか、旅は。

親子でアレルギー

NZは今週末3連休です。
明日の月曜日がLabour Dayと言って勤労感謝の日で祝日なんです。

これと言った予定も入れてなく、いつもの週末のように
その日の思いつきで行動しようと思っていたのですが・・・。

今日はものすごぉ~~~く久しぶりに家から一歩も出ませんでした!
雨も降ってないのに。

というのも・・・

あぁ~~~来てしまったのです!




花粉症



それは去年の今頃始ったのです。
この私が花粉症なんて有り得ない
と思い込ませようとしていたのですが、妊娠中は体質が変わって花粉症が始ることがある、なんて話を聞いて、だからかぁ!と納得したりしてました。症状が辛いのはもちろんなんですが、妊娠中につき、もちろんお薬も飲めません。
鼻が詰まって息ができなくて、夜は寝れないし、詰まってるくせに、かめば鼻水がズルズル出て来る。一回くしゃみをすれば十連発。
かなり体力消耗です。

で、その花粉症が出産後の今年、来るのかどうか・・・と恐る恐る待ってたのですが、とうとう来てしまった、ということでした
あ~~~~寝れない!


そして、アトピーのモニさん。
お陰様で、GPからもらったステロイドを塗ったら、もうすっかり良くなりました。
でもこれって一時的なものですよね?
これから色んなものを試して何にアレルギー反応を示していたのか見つけ出し、それを今後は食べさせない、これしか予防策はないみたいです。これができるのは母親しかいない、ってGPに言われましたし。

ということで、今現在は一ヶ月前から一日一回あげ始めていた粉ミルクをあげるのを止めています。
可能性は、その牛の粉ミルクかBabyおせんべいに入っていた卵と思われたので。

ですが、残念ながら今のところまだハッキリとわかっていません。今後判明したらまた報告します。


ところで、その粉ミルクですが、なんであげ始めたか、というと、夜は10~12時間ぶっ通しで寝ていたモニさんが、起きてしまうようになってしまっていたから、だったんです。おっぱいさえあげればほとんどの場合寝に戻っていたので、お腹が空いて起きていたのか?と思ったからだったのです。
だから今回、アトピーの原因かも、と思ってあげるのを止めなきゃいけないとなった時、
「あ~これでまた夜起きちゃうようになっちゃうなぁ~」
って思ったのですが、それが、そうでもないんですよね。
短くても5時間、昨晩は9時間も寝てくれました。

なんだ、まだまだ私のおっぱいも捨てたモンじゃなかったのね

しかし、いつまで経っても子育ては謎だらけです。
今日この作戦が通用しても明日はダメで、でも明後日はオッケー、みたいな。
こんなん毎日でただでさえ疲れます。
それなのに花粉症。辛すぎます。

この時期に日本に帰国するのはグッドな案でした。
あと3週間で3年ぶりの日本です

募金収集

昨日の夕方、例のPlunketの募金収集に出かけて来ました。
もらった資料に「火曜日の午後6~7時が一番在宅率が高い」と書いてあったので、従順にしたがってみました。

*やっぱりちょっと旦那が心配だったみたいで、モニさんのバギーを押しながら着いてきてくれました。

さて、デーライトセービング(夏時間)が始ったので最近ではまだ7時でも明るいんですよね。なので散歩にお出かけ、とかのご家族もいたりで、在宅率は7割ぐらいだったでしょうか?まずまずだったと思います。

一概には言えませんが、やっぱり白人さんの方がすんなり募金してくれました。あるお方は、
「うちの孫全員がお世話になってるから」
となんと20ドル札をポトリ、と。
相場は持ってる小銭、2~3?、が平均だったかと思います。

とにかく、ほとんどの方が親切に募金してくれました。
今日、残る半分の地区に行って来ます。


さて、話は変わって。しかしPlunketつながりで。
モニさんが7ヶ月になったので、恒例の身体測定に行って来ました。

身長:70?
体重:8.14kg

大台、超えてました、予想通り。

そして、気になることを相談して来ました。
モニさんったら、一ヵ月ぐらい前からお腹と背中にブツブツができてたんです。ジュクジュクはしてなくて乾燥した感じ。痒がってる様子はなかったので、離乳食を始めたから、ちょっとしたアレルギーが出たのかな?と様子を見てたんです。
それが一週間ぐらい前から、アゴの下、首にも現れ、しかもとっても真っ赤!大変!
アトピーっぽいな、と思ってナースに相談してみたら、GP(医者)に行って見せた方がいいとのこと。

それで早速今日行って来ました。
で、やっぱりアトピーでした。あらら。
生まれた時からわりと肌は弱そうだったのでなんとなく予感はしていましたが、そうですか、やっぱりアトピーですか・・・。

ステロイドが入ったお薬等、3種類も出されました。
それでそのお薬を買いに行った薬局で、そんなこんなを説明していて、
「もしかしたら粉ミルクをやり始めたのが原因だったのかもしれない」
と言ったら、新しく発売されるようになったフランス製の粉ミルクを紹介してくれました。

Novalac
とかいう名前で、いろんなタイプに別れているんです。
コリックのする子用
便秘気味の子用
下痢気味の子用
吐いちゃう子用
夜中お腹が空いて起きちゃう子用
などなど。    ↑

これ、とっても魅力的なんですが、アトピーにはどうなんでしょう?調べてみますか。

追加)早速調べてみました。牛ミルクでアレルギーのある子はやっぱりこのNovalacもダメだそうです。モニさんは現段階では何にアレルギー反応を示しているのかわかってないので、今晩から粉ミルク(牛ミルクのです)をあげるのを止めて、原因を追究したいと思います。

インディアンのお祭り

小雨の降る日曜、年に一度のインディアンのお祭り、Diwali Festivalに行って来ました。

数年前までは小学校の体育館ぐらいの大きさのお寺で行われていましたが、年々インディアンの人口が増えているせいか、去年はアオテアスクエア(室内外わりと広い敷地)、そして今年はブリトマート(とりあえずオークランド、いやNZ?で一番大きい?駅)周辺で行われました。

ボリウッドってハリウッドを文字ってよく言われますが、インディアンの少女達が華やかな衣装をまとってダンスなんかもステージでやってたりします。親御さんたちはカメラの撮影でいつも大忙し

168 167
雨が見えるぅ~          インディアンの服はカラフルですね


その後、近くに今週末新しくオープンした、インテリア&キッチン用品のお店『Urban Loft』とかいう、小洒落たお店にも行ってみました。
こういうお店は見てるだけで夢や想像が広がる、とでも言いましょうか。
   
169 170 171

しかぁ~~し!
見てるだけです

だって、トースター一つで700?とかしてますから、マジで!

最後に、ビックリしたのですが、こんな小洒落た、しかも高級な商品を並べたお店なんですけど、実はあの薄利多売で有名な、年がら年中セール中のBriscoesが経営なんだそうです。

安眠

なにげにモニさんは7ヶ月になってたりしました。

164
こんな感じで腰を高く上げてモゴモゴして動いて行って
(ただし後ろへか横へに限る)、

              165
              部屋の隅の方まで移動できるようになりました。
              (あんまり楽しくないみたいでこんな顔で泣きながら、が
               多いですが。)


162
ソファーの肘掛や壁を使ってひざ立ちなんかもできるようになりました。

             166
             止めろっと言われても っはぁ
             (わかりますか?)
             浮き輪状の遊具からこんな感じにのけぞって、
             もしくはうつぶせの状態でグリグリと
             輪の外に飛び出しちゃうこともできるようになりました。
             ってか、危ないのでもう一人で放っておけなくなりました


と、モニさんもこんな感じで成長しておりまが、母親をやっております私モニやんも成長しております。

夜は10~12時間ぶっ通しで寝る子だったモニさんが夜中1~3回起きて、授乳まで必要になったりしたこの2ヶ月、私も寝不足でフラフラだったり大変でした。
私も大変ってことは、急に夜中に3回も号泣するようになったモニさんはもっと大変なんだろうなぁ・・・なんて思って、色んな人に色んな話を聞いては試してみたりしてました。
日中の運動量が足りないと夜よく寝ない、と聞けばジョリージャンパーをエクストラでやらせたり、夜の最後の授乳を腹持ちのいい粉ミルクにしてみたり、離乳食を一回から二回に増やしてみたり・・・。
どれも2~3日は効果があったんですが、結局また元通り。
あちらのお子さんには効き目があっても、うちの子には効き目なぁ~しそしてまたその逆もあり、みたいな感じで、子育ても十人十色だったりします。

しかし、やっとこの一週間、もしかしてコレが解決策な感じのモノにたどり着きました

今までは一品一品(ご飯、かぼちゃ、ブロッコリー、牛肉、桃みたいな感じ)を調理して製氷機にそれぞれ入れてキューブを作っておいて、色んな組み合わせで離乳食を作っていました。が、食べさせる時は全部一まとめ、一皿で。
モニさんは好き嫌いがないみたいで、今のところなんでも食べてくれました。でも、完食するってことがあまりなく、”女の子だから小食なのかなぁ?”なんて思ってました。
が、ある日、その食後にバナナをすりつぶしたものを単品であげてみたら、とどまることを知らず、食べる食べる。次の日も食べる食べる。食後なのに一本丸々食べてしまいました!ってか、食後じゃなくてこれが”主食”?
とにかく、全然小食じゃないと思うんですけど・・・。

そこで気がついたのが、同じ味のもの、一皿ってのがなんとも単調で飽きちゃってたの?

そこで、ご飯+ズッキーニの組み合わせ一皿、チキン+クマラの組み合わせ一皿、な感じで2皿に分け、プラス、バナナをデザートに用意してみました。

したら、食べるぅ~~。みごとに完食です

今週はこんな感じで、先週までのなんと2倍も!食べるようになりました。そしてなんと、2ヶ月前までのように、10時間寝るようになりましたぁ。





って喜んでてまた3時間置きに・・・ってフェイントも今まで何度かあたので、あと1週間様子みてみたいと思います。

今朝起きたとき、周りはもう明るくて、「アレ?今何時?昨晩は授乳したっけ?」と、錯覚をおこすぐらい熟睡させてもらいました。

Plunketのボランティア

先日の日記で述べましたが、今、義母がシドニーに行っているため、その間彼女の車を借りています。
車があるうち、車でしか行けないところにガンガン行っとこ、と、毎日そそくさと出かけております。

ということで、今日は、以前自営をやっている時にうちでスタッフとして2年半働いていてくれた日本人の方のお宅にお邪魔して来ました。
なんとも偶然に、彼女も今年子宝に恵まれ、現在生後4ヶ月の男の子がいます。
彼女は出産は日本で迎え、産後3ヶ月でNZに戻って来たので、赤ちゃんのK君に会うのは初めて!
1年前までの2年半の間、一緒に走り回って仕事をしていたのに、今はこうして赤ちゃんの世話なんかしてマッタリしているのがちょっと不思議でありました。

159
やっぱり男の子ですね。
モニさんの方が3ヶ月早いのに大きさはあんまり変わりませんでした。



さて、今週の土曜から来週の金曜までの一週間、Plunket Annual Appealとかいう週間で、募金収集活動を行うそうです。
Plunketとは、んんん~日本で言ったらなんでしょう?子供担当の保健所みたいなもの、とでも言いましょうか?
わりと小さく区切られた地域にチョコチョコとPlunketの施設があって、赤ちゃんの定期健診とかナース(国からお給料をもらってるのかな?)がやってくれたり、遊ぶスペースを提供してくれたりしているところです。基本的に無料。お心があったら募金してってね、って感じです。
でも、国からの予算が少ないのかなぁ?こうやって一年に一度、大々的に募金を募るそうです。今まで知らなかったし、したことなかったけど。

で、先週、そのボランティアの一人の方から電話がありました。是非、募金収集活動に協力して、と。
ローカルの担当配分された道の家を一軒一軒ノックして募金をお願いして歩くそうです。一人で。

ノックして開いたドアから顔に刺青のあるおっちゃんが出てきたら怖いなぁ、とか思ったけど、人通りの多いメインの道路を割り当ててくれたし、この一年お世話になったしこれからもなるだろうし、お手伝いできるときにしておこうと思って、とりあえずやってみることにしました。

それで今日は、その活動に必要な一式を受け取りに行って来ました。

その一式には、Plunketとはどういうものか、といったことを説明するカードも入っていましたが、その説明書きは「英語」「マオリ(原住民)」「サモアン」「インド」「中国語」でした。やっぱり日本語なんてマイナーであるわけないですね

160



そして、引いてしまったのは・・・
募金収集を行うのに対しての注意事項が書かれたカード。

?攻撃的な犬がいる家に行った場合、気持ちを落ち着けて飼い主を呼ぶ。不運にもアタックされてしまったら、こっちももっと攻撃的な声で叫ぶ。だと

?募金に出かける前には誰かにどっちの方向に行くのか何時に戻るのか言ってから出ること

?もし引ったくりにあったら、抵抗せずに持ってる募金袋を差し出すこと


命かけて募金収集してきます

念のため、もし私が来週の金曜までに戻らなかったら・・・

Hospitality NZ Show

週末からの激務を終え、今日は私の好きなShowの一つ、年に一度のHospitality Showへと行ってきました。

注)激務→義母のお相手です。
  やっぱりアレね、大変です。ってか、もう彼女、年なのでしょうか?
  年々ヒドクなって行ってます、彼女のワンマン社長みたいな性格。念のため
  言っておきますと、息子も公認しております、ワンマン社長ぶり。


そんな激務に耐えた私のご褒美として、平日の真昼間から旦那に連れて行ってもらいました。

名前の通り(Hospitalityって最初は病院のことかと思ってました、私。)、もてなし、飲食業系のショーです。

大きな体育館みたいなところでは、いろんな賞争いが行われています。
   ↓
148

155
”料理の鉄人”みたいにお題を与えられて、
限られた時間内にお料理を作ります。

147
そしてジャッジされます。


154 157
こちらは肉屋さんのコーナーです。
大きな肉の塊にナイフを入れて、
いろんなお肉の品々を作って行き並べます。

158
こちらはウェイトパーソンのコーナー。
誰が一番いい接客をしたのかを決めます。
あ、暗い。見ずらいですね。

その他、バリスタ(コーヒーを作る人)やソムリエの賞争いもあります。

他の会場では、もうすでに出来上がったお菓子等を飾っています。これも賞争いです。

149
これはウェディングケーキの金賞です。

150 151
スウィートのお皿盛り

152
フルーツタルトの金賞です。

153

惜しくも賞は獲得してませんでしたが、
個人的に私はこれが好きでした。


ふぅ~、賞争いばかり見ていると肩に力が入って疲れます。
お腹も空きましたので、隣のビルに移動。
こちらでは、料理器具屋さんやらいろんな卸屋さんが出店してます。


156
今年はジェーラート屋さんが目立ちました。
試食を頂きましたもちろんフルサイズで。

その他、ソーセージとかコーヒーとか無料で試食をガンガン頂いて、サンプルとかもお土産で頂いて帰りました。満足満足。
有意義な一日を送り、激務は忘れました。
が、また来週、激務はやってきます

注)激務→義母がやってくる。
  シドニーに10日ほど行っていて帰りにまた家に寄るそうな。

ママのお出かけ

ママ仲間のMさんの提案、
『旦那さん&赤ちゃん抜きでママだけで飲みに行こう♪』
企画が、いよいよ金曜の夜行われた(って大袈裟)。

以前から旦那には”友達と出かけて来ていいよ”と言ってもらっていたが、私が2人(旦那とモニさん)のことが心配でなかなか出かけられないでいた。
それに加え、この2週間、旦那からフォーミュラ(粉ミルク)の授乳を試しているが、これまたなかなか飲んでくれない頑固な娘でしてぇ、当日、行けるかなぁ?なんて心配もしていたんですが、前日の夜、旦那から100ml飲んでくれたので、大丈夫かな?と勇気を出して出かけてみた。

さてさて、居酒屋。
久しぶりに肩にゲロ吐かれる、とかの心配のない外出、いつもとちょっと違った服でも着てみようとか思ってタンスをひっくり返してみたけど、入る服がなく結局いつもみたいな服になっちゃったけど、久しぶりに”マスカラ”なんて塗ってみたりして、かなりウキウキ気分♪
美味しい居酒屋料理を堪能し、ビールなんて飲んじゃったりもして、もう、それはそれは楽しかった!
モニさんのことが気になって結局ゆっくりできないかなぁ~?
なんて思ってたけど、正直、かなり家のことは忘れて話に夢中になってた。

あ~やっぱり家を一人で離れるって精神的にたまには必要だなぁ、って思った。



そして家。
午後7時半からの飲み会で帰宅は10時半。考えたらたったの3時間でした。
その間旦那にしてもらわなきゃいけないことは、お風呂と最後の授乳(粉ミルク)と寝かしつけ、これだけです。
お風呂はいつも旦那が入れてるので問題なし!
寝かしつけはモニさんは勝手に一人でベッドで寝入る人なのでこれも問題なし!
問題は、授乳・・・。

帰宅してドアを開けた。
リビングにモニさんの姿はなく、旦那はソファーで寝転がって新聞なんか読んで余裕かましている。
偉い!寝かせたんだ!!

しかぁ~し、玄関ドア正面から見えるキッチンの台の上には、ミルクフルに入った哺乳瓶が
ガァ~~~~~ン
と置いてある。

あ~~~~やっぱり飲んでなぁ~~~~い!


トホホ。
話を聞くと、いつもよりはちょっと不機嫌な感じでお風呂を済ませ、いざ授乳をしようと思ったら、やっぱりのけ反り返って泣き喚いて15分間、一滴すら飲まなかったそうです。
なにをしてももう泣き止まなくなったのでベッドに置いたら、20秒後に寝た、そうな。

頑固ちゃんですなぁ。

そしてその後・・・

なんと!朝の7時まで起きませんでした
お前さん、お腹空いてないのぉ??

やっぱりオークランドって狭いよね

またまた起きました!オークランド狭し事件

友達のBrandonに、仕事関係で知り合った人に奥さんが日本人の人が2人いるので、是非今度会わせてあげたい!と随分前から言われていました。そしてそのセッティングが昨日だったんです。
Mt Edenで音楽のなんか催しがあったらしく、当初はそこで集合→ピクニックの予定だったのですが、予定時間30分前から雨がポツポツと・・・。しかもザーザーに変わってしまった

ということで、急遽、Brandonの自宅に集合と変更になった。
そしてそこで事件が(大袈裟?)!

もうお分かりかと思いますが、そうです、行ってみてお会いしたら、会ったことあった方だったんです。(残念ながら2組目の方は来られませんでした)
ま、こういうことはオークランドでは結構あることなんですが、今回はこの”会ったことあった”っていうのが、なんと、一回目は八百屋で、二回目はPack'nSave(スーパー)で、しかも日本語を話してるのを聞きつけた私が図々しくも話しかけてしまった、っていう出会いでした

彼女にももうすぐ11ヶ月の女の子の赤ちゃんがいて、しかも年齢もわりと近かったし、楽しくお話に付き合ってもらいました。これからも仲良くしていただけたらな、なんて思いました
144
美人さんになること間違いなしのRちゃん



さて、そのBrandonなんですが、ちょっとショックな報告が。
彼はイギリス人で一年前に結婚した奥さんはサウスアフリカ人。とっても気さくなカップルで私たち夫婦もとっても気に入っていたのですが、なんと年末にシドニーに引っ越してしまうそうです

出会った当初から、NZはオーストラリアに住むためのステップアップ(NZの方が市民権が取れ易いため。NZの市民権を持っているとオーストラリアにはビザなしで住めて働くことができるのです)のために住んでいる、とは言っていたのですが、去年、素敵な一軒家も買ったし、いい車も買ったし、子供ももうすぐ欲しい、NZは子供を持つのには最適の国だ、なんて言っていたので、しばらくはNZにいるだろう、と思っていたのですが、なにやら色々あったみたいで、こんなに急にシドニーに引っ越してしまうことを決心したようです。
しかも4日前に家を売りに出して、昨日、もう契約が成立したそうです。

なんか、寂しいなぁ・・・。

素敵な出会いもあったけど、悲しい別れもあった日曜でした。

146 
アスリートのBrandonにエクササイズのご指導をいただいております。
ちなみにこのBrandon、モニさんのお口にブチュ~っとチューします。
Rちゃんも以前されたそうで、Rちゃんのご両親に
ブチュー禁止令を発令されてました


             145
             奥さんのミッシェル。こう見えても私より年下です。あ、ゴメン。      
             モニさぁ~ん、2重アゴなんとかして下さぁ~い!  
FC2カウンター
いくつになったの

カレンダー
09 | 2006/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

モニやん

Author:モニやん
40代中盤の旦那
40代突入のモニやん

不妊治療の末、2006年3月13日に第一子の女の子(モニ子)、
2009年8月18日に第二子の男の子(トビ)を授かりました。

子育て日記+NZのことなんかをちょこちょこ書いています。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。