スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビッグイベント不参加します

今日はの義母にとって、一年で一番大切な日。メソディストクリスチャン(って言うの?)にとっては、12月25日よりも12月24日がメインのクリスマスらしく、毎年24日のお昼に大きな大きなパーティーをする。今年も恒例で、大きなハムを作って待っていた、そうだ。

が、私はまだまだ車で3時間もかけて移動する勇気がなかった。トイレの側にしがみついていたいのだ。いつ”気”が襲って来るかわからないんだモン。平均ウチ(度々下品で)回数一日3回だしぃ。
*ミッドワイフに相談したら、これは毒を体から出そうとしているってことだからいいことだ、ということだけど、マジ

ということで、義母も大切だけど、今は自分の体とお腹の赤ちゃんが優先である。今朝出発間際まで考えたけど、やっぱり行くのを止めた。旦那も本当は辛そうであるが渋々出かけた。2~3泊して帰って来るらしい。ちょっと寂しいけど、Kさんから借りた漫画が山のようにあるので、これで気は紛れる。だけど、また一人ぼっちのクリスマスだ。
スポンサーサイト

新しい友達

新しい友達(先輩だけど)ができた!しかも超~~~近所!なんで今まで会わなかったか不思議なぐらい。

先日受けたドライビングレッスンの先生のオバちゃんから先日電話があって、
「あなたの数日前にも日本人のハーフの方に教えたんだよね。同じ日本人の友達っていいと思うから紹介してあげようか?」
と言われて紹介してもらった。Eさんと言って、お母様が日本人でお父様がオージーらしい。家は車で15分のぐらいのところなので、今すぐ会える!って距離じゃないし、小学生のお子さんが2人いらっしゃるのでなにかと忙しそうであるが、この方が、私の近所に住んでいる(徒歩3分!)という日本人の友達がいるので紹介してあげる、ということで紹介してもらうことになった。

さっそくその方から電話があってお話してみると、とってもとってもいい方!私の今の病状を知ると、ベッドの中で暇だろうから、と本とか懐かしのマンガ等を持って来てくれた!今晩からマンガ、読みまくるぞぉ~!ありがとう、Kさん!

まさかのパス!

ビックリしちゃいました!取れてしまいました、ク、ル、マの免許

本当は昨日もう一度レッスンを受けようと思っていたんだけど、やっぱり体調が悪くて当日キャンセルして一日寝てたんです。でも今日は本試験で・・・。今日も体調悪かったんだけど、どうせ一度は落ちるだろうし、試験の感覚を掴むためにも一度受けて落ちておこう、と無理して出かけたら、その”無理”の必死さが試験官に伝わったのか、”いいよ、あげるよ”とのこと。超~~~~~ラッキーだった!よく試験官の当たり外れで合否って決まるって聞いてたけど、まさにその通り!あ、クリスマス前につき試験官が浮かれ気味だった、ってのもあるのかもしんない。それにしても実にラッキーだった!

でも、本当にこの私が運転していいのかなぁ?
だって、オートマのギア、「R」ってRun→走る(ドライブってことね)ってことだと思って前に進もうとして後ろに突進してしまった私なんだよぉ~!技術もそうだけど、英語にも問題有り有りの私なんだけどなぁ~。まあいっか。ここはNZだしぃっ!

7年ぶりの再会

今日、イギリスから友達カップルがやって来た。って言っても私は会ったことがない人だけど。なんでも旦那のシドニー時代の同僚だったらしい。私が日本へ帰ってしまった後に知り合ったらしく、7年ぶりの再会とか。

彼は大きなアウトドアショップのマネージャーとからしいけど、彼女が弁護士を目指してる学生へ法律を教える先生、とか。相当な人だ!でも全然鼻についたところがなく、初めて会ったって気がしなくて、超気があった。なんだかホッとするなぁ。
実は今年の7月頃、まだ自営をしている頃、スタッフにベトナム人とエチオピア人がいた。分け隔てなく接していたけど、2人ともちょっと貧しい村から難民扱いでやって来た人だったので、やっぱり日本人の私とは多少なりとも感覚が違かった。英語の壁を抜きで考えても、会話が成立しないことも多いし、やっぱり価値観が違うんだよねぇ。

「日本のご両親は洗濯機持ってる?」とか聞かれるし

その頃は、妊娠初期でただでさえフィジカル的に参ってるときにメンタル的にもダメージを受け、ちょっぴり妊娠ウツ的だった。そんな後で『まとも』(いや、かなりお上等な!)な人に会って会話できたことが、なんて言うのかなぁ~自信回復、みたいな感じになった。だって、

「私ってここで何やってるんだろう・・・?」

みたいな気分になってたからねぇ。彼らは家に3泊して行く。

それと今日は、ドライビングレッスンを受けた。一年前、NZの免許を取ろうと思って(日本の免許は持っている)ペーパー試験を受けパスしていた。その有効期限が一年だったんだけど、実技試験は受けてなかった。
なんでか?
そう、私は16年間、パーパードライバーなのである!よって!実技試験を受けるのであれば、相当のレッスンが必要なんだなぁ
何度か旦那に教えてもらったけど、ホラやっぱり、喧嘩になって終わってしまうんですということで、思い切ってドライビングレッスンの会社に電話してみました。
まだまだ体調がよろしくないので、青い顔してレッスンを受けたけど、とってもいいオージーのオバちゃんで、ちょっとだけ自信がついた。ちなみに2時間ぐらいかかって67.5ドルだった。価値はあるな、って実感。

父を”恨みぶし”

先日やった28週での血液検査で見事ひっかかった。糖が多いなんて!ちょっとショックだった。

前回ミッドワイフ(Jeni)に会った時に”私の父親が糖尿だった”と報告したんだけど、彼女はそれも気になったらしい。って言っても、日本とNZの健康への関心度は相当違うから、うちの父の”糖尿”はNZでは”糖尿”に入らない程度なんだと思う。だって、Jeniに”お父さんはインシュリンの注射とか打ってるの?”なんて深刻に聞かれたんだけど、実は何もしてないから。要注意って医者に言われて、食事制限をしていたら良くなった、って人だから。そのことを言ってみたけど、何言ってるかわからないって顔されたし。きっとNZではその程度の人を”糖尿”と呼ばないんだろうなぁ、と自己診断。

父はさておき、そう、なので私も念のため再検査。コレがシンドかった!
今日は病院まで(バスで20分)行かなくてよくて、近所のラボ(歩いて10分)でよかったからいいけど、まず、昨日の夜9時以降は何も口にしてはいけない!そして今日、朝8時半、ラボに行きまず採血、そして500mlぐらいの甘い液体を飲ませられて一時間待つ。しかもあんまり動き回っちゃいけない。そして採血。そしてさらに一時間待って3度目の採血。
ということで、優に2時間半はラボにスタックなのだ!
まだまだ体調が優れないので、う~う~唸りながら狭いラボの待合室で待つ
全て終わって帰宅すると12時を過ぎていた。激空腹だし両腕に3箇所も絆創膏が貼られている。かなりヘナチョコ気分だ。

パナドール様様!

全然毒が抜けない!

妊婦が飲んでいいのはパナドールだけ、とは言え、数えてみたらもう43個もパナドールを飲んでいる!悪くはないって言っても良くもないよねぇ

でも、飲まないことには体中の筋肉が苦しいのだ。毎日一日ベッドで寝てばかりいて天井をじっ~と見ている。気が狂いそうになる。いつも病気になると思うが、本当、健康が一番だな、って痛感する。
しかも今回はお腹の中の赤ちゃんへの影響の心配もついている。旦那の方が基本的にメンタル的にナイーブなのでネガティブなことばかり言っている。なんでか私が逆に慰めたりしなければならなくて二重の苦だどんな子が生まれようと私の子なんだから大事に育てなくちゃ・・・自分に言い聞かせるけど、どこかでなんだか大丈夫な気がする、と思ったり、いや、思おうとかなり努力してみた。だって妊娠中の母体のメンタル的な負担も胎児に影響する、なんて言うから。あ~~プレッシャーが大きすぎる。

こんな時、友達からの励ましの電話やメールが本当に嬉しかった。みんなありがとう!

3度目の超音波(あ!4度目だ!)

今日、先日の退院時に医師にやるように言われていた超音波を撮りに行った。

ありがたいことに、私の入院中、わざわざロトルアから義母が私達の看病の為に来てくれていた。旦那も私も2人とも立ってることもシンドイんだから、食事の支度なんてとうてい出来ない。義母がせっせと色々作ってくれ、しかもベッドまで食事を運んでくれる。本当ありがたかった。

さて、超音波の結果は、とりあえずは大丈夫らしい。超音波の検査もいつもなら数分で終わるのに、今回は30分も同じ姿勢を続け心音を検査した。ただでさえ妊婦はちょっとの傾きとか同じ姿勢を続けるのはシンドイのに!しかも、技師は全然気が利かなくて腰に枕をあててくれたりもしない!こいつはまだ子供を持ったことがないな!と、日頃思いつかないような怒りが沸いて来たりする。

帰り際、とにかく下痢がいつ襲ってくるかわからない生活をしているので何しろイッコクも早く自宅に帰りたいのに、義母が
”赤ちゃんのバギーを買ってあげるわ!”と、大張り切りでKIWIファクトリーに連れて行かれる。わりと気に入ったものが低格で見つかったので買ってもらった。嬉しい、が、やっぱり早く家に帰りたぁ~い!
なんでも義母の国(ドイツ)では義母がバギーを買うのが習慣、とか?なんとかで、買ってあげたことに対して大満足をしておりましたが・・・。んんん~ん、姑を満足させるのも大変ですなぁ。
FC2カウンター
いくつになったの

カレンダー
11 | 2005/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

モニやん

Author:モニやん
40代中盤の旦那
40代突入のモニやん

不妊治療の末、2006年3月13日に第一子の女の子(モニ子)、
2009年8月18日に第二子の男の子(トビ)を授かりました。

子育て日記+NZのことなんかをちょこちょこ書いています。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。