スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

貧血  & そろそろ20ヶ月

3週間前にやった血液検査の結果を聞きにGPに行って来ました。
もう結果を聞く前から貧血はわかっていたのですでに鉄錠は処方してもらって飲んでいましたが、数値はどんなもんかなぁ~っと。

正常な人の数値は20~100とかだったかな。
それがたったの9でした。

それでも一番ヒドイとき(妊娠前)で7とか8だったのでそれよりはマシなんだけど、数値がマシなだけで症状がここのところ結構ひどいです。
一日中眠い、あくびばっかりしてる、活力がない、物覚えが悪い。

血液中の鉄分は毛細血管まで酸素を運んでくれるのが仕事らしいですが、その数値が低いので、酸素が体に回らないそうです。だから気だるいのは当然みたい。
でも、食事は多分、その辺の若い人よりも健康的なものを食べてるはず。野菜や果物も沢山たべるし、ジャンクは食べないし。
エクササイズはしてないけど、結構歩いてるはず。
それでも鉄錠を飲んでも飲んでも一時はよくなってもまた数値が下がってしまうんですよね。

これはもう体質です。母と姉も貧血ですし、家系なんでしょう。
これからもずうううっと鉄錠に頼らなければならないのはシンドイなぁ。生理があがればマシになるのかも。何年先?

ちゅうことで、医者に、例のごとく赤身の肉やレバー、マッスル(貝)を沢山食べるように言われて来ました。

レバー料理

料理のレパートリーがない私は「レバニラ炒め」とかどうしてもレバーっていったら醤油系の味の炒め物になってしまう。
もう飽きちゃったので今日は旦那に作ってもらいました。


ベーコンと玉ねぎとレバーを炒めて生クリームを入れるだけ。味付けは塩コショウと庭から摘んだタイム(ハーブ)。

日本人の私には思いつかない発想。
肉 & 生クリームですよ。

しかし、ウマかった!
貧血でお悩みのみなさんや妊婦さん、試してみてください。



その他、気になる点も検査してもらってたのですが、他は大丈夫でした。原因不明の症状も一点あるんだけど、それはもうちょっと様子見ることにしました。
「体重も減ってないし、癌ってことはありませんしねぇ。」
とのことなので、安心。

まさか、体重増えてるのに癌ってことはないでしょう~!
ビビるからぁ、癌とか言わないで下さぁ~い。



それとGPでモニさんのチキンポックス(水疱瘡)の予防接種をして来ました。実費だったので78ドルでした。

お友達に話ししたら、去年だか日本で、20歳前後の大学生で水疱瘡が大流行したそうです。赤ちゃんのころに予防接種をした世代だそうですが、その免疫が切れて大流行してしまったそうです。
ってことはよ、モニさんも20歳ごろに免疫が切れてかかってしまう確率が高いってことでしょうか?大人になってからかかると大変だって聞くから、だったら今のうちに予防接種なんてしないでかかってしまった方がよかったのか??と、ちょっと後悔したり。
でも、20歳頃にもう一回打てばいいってことなのでは?という疑問も浮上。ソレって可能なのかなぁ?ちょっとネットで調べてみよっと。

後日訂正)
大学生で流行したのは水疱瘡ではなくて麻疹でした。
私もうろ覚えでなんかそんなニュースを一年前にネットで読んだ記憶があるなぁ?とは思っていたんですが、ちょうど先輩ママさんに同じことを言われたので不安になった次第でした。
以下↓のコメントで”ちはる様”が正確なコメントをくれてますのでご参考下さい。


*****     *****     *****     *****

何気にモニさん、来週で20ヶ月(1歳8ヶ月)になります。
最近ではめっぽうおしゃべり好きになり色々単語が出てきました。
新しい単語を言ったときにノートにメモしてるんですが、今日はいったいボキャブラリーはどれぐらいになってるのだろう?と数えてみました。

親バカなんで、私にしかわからない微妙な発音、微妙な単語も書き込んでるんでソレ入れて数えたら100超えちゃったので途中で止めました。

熱いことを「アチッ」 とか
See Youを「チーユー」 とか

そんなのも入れちゃったんでちょっとえこひいきですよね

お友達が持ってるアンパンマンを見て「アンパンマン」っていう言葉を覚えました。でも我が家にはキャラクター物がありません。それを日本のおばあちゃんに言ったらいろいろアンパンマンの物を送ってくれました。アンパンマンの横でよく登場する「バイキンマン」。早速これも覚えてしまいました。発音は旦那の100倍ちゃんとしてます。
だって旦那が言うと「アンペェ~メェ~ン」とかなんだよねぇ。ぷぷ。

私はアンパンマン世代ではないのでキャラクターは正直、アンパンマンしか知りませんでした。覚えようとしてる娘に教えなきゃいけないので、慌ててネットで「アンパンマンキャラクター一覧」とかいうのを調べプリントアウトし、壁に貼り付けて覚えようとしてるところです。いやいやいっぱいあり過ぎて大変。
「くりーむパンダ」ぐらいまでは頑張るけど、「ささだんごちゃん」(髪の毛が笹になってる)とか「じょんがらくん」(津軽じょんがら節で三味線の形になってる)は覚えなくていいよね?


465

お友達のお家でバニーの耳をお借りしました
スポンサーサイト

病院のハシゴ

今日は病院の日でした。

NZは公立病院での検査や治療は無料ですが、その分予約が取れるのが数ヶ月待ちだったりします。特に緊急の病や大病でない限りは。

生後4週間のとき、モニさんは大きな遺伝の病気の検査に引っかかりました。システィックファイブロシス(膿胞性線維症)と言います。
不治の病で、だいたいは20歳前後で亡くなってしまうんです。恐ろしい病気です。
ですが運良く緊急に行ってくれた再検査でキャリアなだけで発症はしない、と結果を頂きました。ホッ。
で、その検査の時に、3ヵ月後に親子3人で再々検査をする、という話を聞いていたのですが、その連絡がなかなか来ず、今日に至った、と言うわけです。

朝8時半、グリーンレーンの病院に行くと、遺伝専門のお医者さんにお部屋に通され、病気の説明を事細かに受けました。
白人さんに多い遺伝の病気で、25人に一人は本人が知らないだけでキャリアだったりするそうです。
そのキャリアとキャリアの人の間に生まれる子供は4分の一、発症する確率があるそうです。

ということで、今後、私たちが2子目を欲しいと思った時に発症する子が産まれるのを防ぐため、今回は親の私たちの血液検査をしました。
2週間後に、誰がキャリアなのか、はたまた2人ともキャリアなのか、ということが判明します。
万が一2人ともキャリアの場合、妊娠中に特別なDNAの検査をして、運が悪く発症する子を妊娠してしまっていたら、堕さなければなりません。もしくは、IVF(体外受精)で正常な卵子と精子を受精させて妊娠することもできる、という説明も受けました。

なんだか重苦しい話でしたが、なんとなく私は大丈夫な気がします。だってアジア人ですから。白人の旦那だけキャリアな気がします。

さて、その後はスターシップ(小児病院)に移動です。
生後7週間の時、モニさんの左耳の上に、ポツンと小さなくぼみがあるのをプランケットナースに指摘されました。生まれたときからあったのを私は記憶しています。
ナースいわく、そのくぼみがある子はデフ(耳聞かず)の子である場合がある、ということで、精密検査行き、となりました。
こちらの方も予約をずっと待っていたのですが、いつものごとく色々手違いがあり(笑)今日に至ったのです。偶然にも同じ日で助かりましたが。

同じように聴覚検査をされたお子さんをお持ちの方2人に以前話を聞いたところ、一時間あげるから赤ちゃんを寝させて、と言われ検査が始る、と聞いていました。

できなぁ~~~~~~~い!
絶対無理。

モニさんはとっても神経質な人みたいで、そうそう外では寝れないんですよね。バギーの中と車の中以外は。
なので行く前から緊張です。寝てくれるかどうか・・・。

でも、この予約がなかなか取れなかったのが功をなしました。寝させて検査をするのはどうやら生後3ヶ月ぐらいまでらしく、モニさんはもう自分の名前とかわかっているし、物音に反応する月齢になっているので寝させる必要はありませんでしたぁ。
防音装置の部屋に入れられ、隣室からスピーカーで小さい声で

「モニカ~」

とか呼んでくれます。それに反応するかどうか等を診てくれました。
その後はコンピュータと繋がったイヤホンみたいのを耳に入れ、波動みたいのを検査しました。
もちろん嫌がるので、押さえつけです。大人3人で。
そしてどの後ドクターに会い触診、問診。

ちょっとした物音にも敏感に反応して起きていまうようなモニさんなので、デフってことは有り得ないだろうと思っていたのでそんなに心配していませんでしたが、やっぱり大丈夫みたいでした。

「お母さんはの耳はどう?お父さんは?」

と私たちの耳も見られました。
それで、今回帰国して発見したのですが、うちの兄が同じところに同じくぼみがあるんですよねぇ。
それをドクターに言ったら、

「ソレです!恐らく聴覚にはなんともない単なるくぼみだと思います。遺伝的な体の特徴の一つの単なるくぼみでしょう。」

ということでした。
もし運悪く、今後化膿とかしてしまったら、それが原因でデフになる危険性もあるけど、化膿したらしたで、手術すればいいだけのことみたいなので、心配する必要はないそうです。


病院をはしごしちゃって大変だったけど、気になってた胸のつかえが一気に取れたみたいな感じでスッキリした一日でした。

坐骨神経痛

昨日、近所に9月に新しくできた長生治療院に行って来ました。

なんでも、定年後に念願の長生(指圧とマッサージと按摩のミックスだそうです)の学校に通い、国家試験を受け免許を取り、第2の人生を始めた方だそうです。
しかも、うちのこの町が気に入られたとかで、なんと埼玉から奥様と引っ越されて来たそうです。

さて、立ち仕事をやり始めた6年ぐらい前から、左お尻というか足の付け根が痛くなってました。
だんだん下に下りていって、足がしびれて歩けない日とかもあったり、今度は上に飛んで左肩も痛かったりで、とにかく、すべて左半身が痛いんです。こんなのがもう6年です。辛い!

と、そこでおじさんに相談。
問診ですでに坐骨神経痛かな?
と言われたのですが、やっぱり体を診てもらって、その通り、ということでした。
結構恐ろしい病気みたいで、末は車椅子になる人もいるとか。怖い怖い。

全身診てマッサージしてもらって、アラアラ、あっという間に2時間!
おじさんは、もう年金をもらってるし、お金のためにやってるんじゃないので、一時間2千円、とそもそも破格でやってるそうですが、こんなガチガチの体の私を、このまま帰すわけにいかない、と、タップリ2時間やってくれ、しかも料金据え置き、たったの2千円!
帰国まで週に一度通うことにしました。

効き目は・・・。

一日のうちでいつが一番痛かったか、というと、寝るとき、お布団に入って横になったときが痛かったのですが、なんとそれが昨晩はぜんぜんありませんでした!スゴイ!

次回、おじちゃんに会うのが楽しみです♪

ドクターに無料相談

今日も針灸に行って来た。

20代後半とみられる若い中国人夫婦がやっている。2人とも医者の免許を持っているようだが、旦那さんしか針の免許はないとみえ、針は旦那さんがやってくれる。が、英語が苦手らしく、あまり会話にならない。でも、奥さんの方は英語が達者だ。なにげに世間話をしていたら、子供の話になった。そこで”なかなか子供ができなくて”とポロリともらすと、まずは基礎体温を付けろ、と薦められた。

20代前半の頃、生理痛がヒドクて産婦人科に通っていた時にも医者に言われ付けていたことがある。当時は”排卵していないみたいだね”と言われた。基礎体温をつけると何がわかって、どうなのか?ハッキリとしたことはわからないけど、ドクターが言うんだからとりあえず明日から始めてみよっと。基礎体温計はなんとなく予感がしたのかなぁ?日本を出る時に持って来ているのだ!

初めての『あきゅぱんくちゃぁ~』

ここオークランドには沢山の、それはそれは沢山の中国人の方々が住んでいる。いろんなものが安くゲットできて私は好きだ。そして今日はなんと人生で初めてのAcupancture(針灸)をして来た。

98年、シドニーにワーホリに行っていた時、当時流行っていた上げ底のサンダルを履いているにもかかわらず、酔っ払って勢い余って路上で転んでしまった。若気の至り。そして、みごとに骨折
その後遺症で、その後毎年冬になると痛む左足。しかも仕事が仕事なので(立ち仕事)毎年ヒドクなるばかり。気休めにマッサージなどをやっていた。
で、今年の気休めは『針灸』だっ!
自宅近くのBalmoralにある若い中国人カップルがやっているところに行ってみる。針を20分、手でマッサージ20分、そしてカップを20分やってくれてなんとたったの40ドル。激安!しかも、若い中国人の人達って日本人に好意的でとってもフレンドリー♪かなり気に入ったので週に一度は通うことにした。そして早速友達のMちゃんの旦那さんが腱鞘炎だというので紹介してあげた。

あ~次回のアポが待ちきれない!
FC2カウンター
いくつになったの

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

モニやん

Author:モニやん
40代中盤の旦那
40代突入のモニやん

不妊治療の末、2006年3月13日に第一子の女の子(モニ子)、
2009年8月18日に第二子の男の子(トビ)を授かりました。

子育て日記+NZのことなんかをちょこちょこ書いています。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。